ここから本文です

明日14日(木)の天気 爆弾低気圧が冬を呼ぶ 吹雪と木枯らしに

2019/11/13(水) 16:47配信

ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北海道は吹雪、東北も積雪のおそれ
・関東は午後に木枯らし
・西日本は晴れても気温は上がらず

 日本海北部へ進む低気圧が980hPaまで急発達し、いわゆる「爆弾低気圧」となる見込みです。

 明日14日(木)は低気圧や前線の通過後は冬型の気圧配置が強まり、北海道は吹雪、太平洋側は木枯らしとなり、全国的に冬の到来です。

北海道は吹雪、東北も積雪のおそれ

 北海道や東北は午前中は雨で雷を伴い強く降る所があります。その後、北海道は昼頃から、東北北部は夕方以降、段々と雪に変わる見込みです。

 北海道の沿岸部は平均で20m/sを超えるような風が吹き、吹雪で視界不良となります。無理な外出は避けるようにしてください。

 東北は北部で市街地でも雪になり、青森など初雪がいきなり積もる所がありますので、注意が必要です。

関東は午後に木枯らし

 関東は前線が通過する朝に雨が降り、午後にかけては急速に天気が回復して晴れてくる見込みです。

 昼間は20℃を超えて暖かくなりますが、夕方以降は北西の風が強まって、ぐっと気温が下がります。

 気温変化が大きな一日ですので、ご注意ください。

 なお、東京都心では夕方頃に8m/sを超える北西風が予想され、木枯らし1号の発表基準を満たす可能性が高くなっています。

西日本は晴れても気温は上がらず

 西日本の太平洋側や東海は朝までに雨が止み、昼間は晴れる所が多くなります。

 上空に寒気が流れ込むため晴れてもあまり気温は上がらず、風の冷たい一日です。

 日本海側は雨が降ったり止んだりで、傘が手放せません。

ウェザーニュース

最終更新:2019/11/13(水) 17:37
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ