ここから本文です

こんな桜井日奈子見たことない!ギャップがかわいい『殺カレ死カノ』本編映像解禁

11/13(水) 11:00配信

クランクイン!

 俳優の間宮祥太朗と女優の桜井日奈子がダブル主演を務める映画『殺さない彼と死なない彼女』より、本編映像と場面写真が解禁された。低いテンションや殺伐とした言葉遣い、イカ焼きをくわえたまま「おいひぃ!」と言う姿など、これまでキラキラした女子高生役が多かった桜井本人のイメージとはかけ離れた場面が切り取られている。

【写真】映画『殺さない彼と死なない彼女』フォトギャラリー


 本作は、ツイッターに投稿された3つの物語からなる連作4コマ漫画が原作。KADOKAWAより刊行された同名の単行本は、重版10刷を突破する人気作となっている。今回の実写版は、単行本に収録された表題作に登場する、“殺さない彼”=小坂れいと、“死なない彼女”=鹿野ななの物語を中心に据えた青春群像劇。れい役を間宮、なな役を桜井が務める。

 小林啓一監督が、リストカット常習者で“死にたがり”な少女・鹿野ななを演じる桜井について、「今回、桜井さんは世間のイメージと一番ギャップのある役柄を演じていて、ある意味“殻を破った”作品になるんじゃないかと思う」と語っているが、解禁された映像や場面写真では、そんなギャップのある一面が捉えられている。

 本編映像は、学校からの帰り道での小坂と鹿野の不器用で口の悪い会話にクスリと笑えるシーン。小坂が少し後ろを歩く鹿野に何か言ってほしそうに何度も振り返る。しびれを切らしたかのように小坂が「……なぁ、お前、なんか気づかない? 今日」と話を振る。気付いてほしかったのは「俺の髪型! 分け目がいつもと逆だろーが! 言わせんなよ」と、まさかの分け目の違い。だが鹿野は「どうした? 今のお前、世界で一番めんどくせーぞ」と冷静に半ばあきれ顔で一蹴する。

 鹿野の低いテンションや殺伐とした言葉遣い、小坂とのやりとりについて、今までは対照的なキラキラした雰囲気の女子高生役が多かった桜井は「作り込み過ぎていないテンションで、やり取りがすごく心地良かったです」と、より自分に合っている役であるとも語っている。

 場面写真で鹿野がくわえているイカ焼きは、小坂が買ってきて「食え」と差し出したもの。少しかじるだけだったはずが、勢いよくかぶりつき、偶然にもイカ焼きを丸々くわえた状況が生まれ、本編ではくわえたまま「おいひぃ!」としっかりせりふを言っている。本作では小林監督がシーンごとにかなりの数のテイクを重ねて撮影したが、この場面はアドリブ的な面白さが受け入れられ、リテイク無しとなった珍しいシーンだという。

 映画『殺さない彼と死なない彼女』は11月15日より全国公開。

最終更新:11/13(水) 11:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事