ここから本文です

今夜の『死役所』 “ハヤシ”清原翔の殺人の理由が明らかに

11/13(水) 18:00配信

クランクイン!

 TOKIOの松岡昌宏が主演を務めるドラマ『死役所』(テレビ東京系/毎週水曜24時12分)の第5話が今夜13日放送される。第5話では、清原翔演じる“シ役所”生活事故死課職員・ハヤシの殺人の理由が明らかとなる。

【写真】清原翔の殺人の理由が明かされる…ドラマ『死役所』第5話より


 あずみきしの同名漫画を実写化する本作は、この世を去った者たちが最初に訪れる、あの世の「シ役所」が舞台。訪れる死者たちの壮絶な生前の姿が次々とあぶり出されていく。

 「お姉さんのことも後悔してないの? 殺人犯の弟、持っちゃったんだよ」。ミチル(黒島結菜)が放った言葉に動揺したハヤシ(清原)は、初めて“反省したい”と思う。そんなハヤシにシ村(松岡)は「振り返ることから始めてみては」と言い、ハヤシは殺人を犯した経緯を打ち明ける。

 始まりは高校2年。祖父・清三(伊藤洋三郎)に剣道を習っていたハヤシは、父・雄作(草野康太)と3年も口を聞いていないほどの不仲。そんな折、清三が病気で死亡。清三の葬式後、父が吐き捨てた言葉は、ハヤシの“出生の秘密”だった…。姉の理花(土居志央梨)は全てを知った上で寄り添ってくれたが、ハヤシは大きな十字架を背負ってしまう。

 さらに、幼馴染のまりあ(岡田真也)が同級生らからイジメられていることを知ったハヤシは…。人生の歯車が狂いだしたハヤシの壮絶な人生とが明らかになる。

 ドラマ『死役所』第5話はテレビ東京系にて、今夜11月13日24時12分放送。

最終更新:11/13(水) 18:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事