ここから本文です

フェラーリエンジンを搭載したマセラティがついに終了! グラントゥーリズモが12年もの長命だった理由とは?

11/13(水) 18:10配信

くるまのニュース

旧き良きフェラーリサウンドを奏でる唯一無二の新車で買えるモデルだった

 2007年のジュネーブ・モーターショーで発表された「グラントゥーリズモ」は、間違いなくマセラティ史に残る1台です。

【丸見え】グラントゥーリズモ・ゼダが美しく塗装されている写真を見る(25枚)

 デザインはピニンファリーナの手によるもので、美しい4人乗り2ドア・スポーツクーペのお手本のようなスタイリングです。1947年に登場したマセラティ「A6 1500」の現代的解釈のスタイリングをしていました。
 
 2009年のフランクフルト・モーターショーではオープンカーである「グランカブリオ」が登場します。
 
 その後、数回のアップデートを重ね、2018年モデルにおいて最終形となりました。
 
 グラントゥーリズモ/グランカブリオが長きにわたって愛されてきた理由のひとつに、搭載されているエンジンがあります。最高出力460馬力/7000rpm、最大トルク520Nm/4750rpmを発生するエンジンは、4.7リッターのフェラーリ製自然吸気V型8気筒です。
 
 ローンチ当時は4.2リッターだったフェラーリ製自然吸気V型8気筒エンジンは、その後に4.7リッターへとボアアップし、エンジンは2ラインナップでした。それが2018年のマイナーチェンジで4.7リッター1本に絞られた経緯があります。
 
 当時、この4.2リッターと同じ流れを組むエンジンを搭載していたフェラーリは、2008年に登場した「カリフォルニア」でした。また、アルファロメオ「8Cコンペティツィオーネ」にも4.7リッターの同エンジンが搭載されていました。
 
 カリフォルニアがエンジンをターボ化&ダウンサイジングして現在に至るのに対し、グラントゥーリズモ/グランカブリオは一貫して自然吸気エンジンを貫いてきました。エンジン回転数が高くなるにつれ甲高く透んだフェラーリサウンドを奏でる現行車は、もはやグラントゥーリズモ/グランカブリオしかなかったのです。
 
 こうしたこともあって、グラントゥーリズモ/グランカブリオは熱狂的なファンに支持され、愛され続けてきました。
 
 2007年の誕生以来、2万8805台のグラントゥーリズモ、1万1715台のグランカブリオがイタリア・モデナのファクトリーで生産されました。
 
 次期グラントゥーリズモ/グランカブリオは、マセラティ史上初となる電気自動車となることが決定しています。そして生産はトリノでおこなわれることになっています。
 
 モデナ工場は、新たなハイパフォーマンス・スポーツモデルの生産に向けて、生産ラインの全面的な改修が施されます。
 
 刷新されたモデナ工場では、より環境負荷を減らし、革新的技術を採用した新たな塗装工場が増築されます。ここではカスタマーが、オーダーしたクルマの塗装プロセスを実際に見学できるようになります。

1/2ページ

最終更新:11/13(水) 20:11
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事