ここから本文です

バルサのラキティッチ、出場機会の減少に不満「悲しい」

11/13(水) 16:52配信

超WORLDサッカー!

バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、元アルゼンチン代表ホルヘ・バルダーノ氏が出演しているテレビ番組『Universo Valdano』で出場機会に恵まれていないことを嘆いた。スペイン『マルカ』が伝えている。

ラキティッチは2014年夏にバルセロナに加入し、早い段階でチームに馴染み、1年目から主力として、毎シーズン公式戦50試合以上に出場してきた。ところが、今シーズンはオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの加入やMFセルジ・ロベルトの中盤起用も重なり、ここまでのプレータイムがわずか255分と出場機会に恵まれていない。

そんな現状について、同選手は「悲しい」と苦しい心境を吐露。より多くプレー時間が与えられることを望んでいる。

「小さな女の子がおもちゃを取り上げられたら、どう感じるだろうか」

「悲しいはずだよ。僕も同じ気分だ。プレーする機会を奪われてしまって悲しいよ」

「コーチやクラブの決断は理解しているし、尊重したいと思う」

「この5年間で僕はバルセロナの為にたくさん働いた。まだここでプレーし続けたい」

「今、僕は38歳ではなく31歳で、自分のベストの時だと思っているよ」

超WORLDサッカー!

最終更新:11/13(水) 16:57
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事