ここから本文です

スパーズ関心もデパイは去就に慎重姿勢! 「何も知らない噂に話すつもりはない」

11/13(水) 19:10配信

超WORLDサッカー!

今冬の移籍市場でトッテナムからの関心が伝えられるリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(25)だが、現時点で自身の去就に慎重な姿勢を見せている。同選手がオランダ『Voetbal Primeur』で語った。

PSVで台頭したデパイは、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドに入団するも、在籍1年半で思うような活躍を見せられず。2017年1月にリヨンへ完全移籍した。

しかし、そのリヨンで完全復活を果たした25歳のアタッカーは、在籍2年半で公式戦130試合に出場し、50ゴール42アシストを記録。今シーズンはチームが苦戦を強いられている中、14試合で11ゴールを挙げる獅子奮迅の働きを見せている。

今夏ビッグクラブへのステップアップを希望しながらも最終的にリヨン残留となったデパイに関しては、先日にイギリス『ミラー』がトッテナム行きの可能性を報道。今季開幕から不振が続く同クラブは、今後の巻き返しに向けた切り札として多彩な才能を持つ同選手の獲得に向け、5000万ポンド(約70億円)前後のオファーを準備しているようだ。

希望するメガクラブに比べ、やや格が落ちるものの間違いなくステップアップの移籍となるトッテナム行きに関する質問を受けたデパイだが、今夏の移籍が実現しなかったこともあり、自身の去就に関して慎重な姿勢を見せている。

「(トッテナム行きの噂について)そのことについては話したくない」

「今は自分が何も知らない噂に関して話すつもりはないよ。そういったものは脇に置いて、厳しいシーズンに立ち向かうことだけに集中しているんだ」

超WORLDサッカー!

最終更新:11/13(水) 19:10
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事