ここから本文です

【プレミア12】決めきれない侍ジャパン打線の課題は? 金子ヘッドが語る「悪循環」

11/13(水) 10:48配信

Full-Count

1番~3番で好機作れず、3点いずれも4番鈴木が口火→浅村が決める

■アメリカ 4-3 日本(プレミア12・12日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は12日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第2戦のアメリカ戦に3-4で敗戦した。オープニングラウンドから負けなし4連勝で好調を維持していたが、ここにきて初黒星。決め切れない打線は何が課題となっているのか。

【動画】とにかく速い! 侍ジャパンの“ジョーカー”周東佑京が米国バッテリーの警戒の中、二盗を決めた実際の映像

 この日はハプニングもあった。試合前アメリカの先発として予告されていた右腕タナー・フックがコンディション不良により右腕ペン・マーフィーに変更となった。しかし金子ヘッドはこの影響を「ミーティング前には報告を受けていましたから。それは問題ない」と否定。「阪神の青柳のようだという選手もいた」という相手に打線は翻弄され、序盤3イニングを無得点で終えた。

 この日「1番・中堅」で出場した丸は4打数1安打も、3回の無死一塁の場面で併殺打。さらに2番菊池、3番近藤は無安打に終わり、チャンスメークをしたのはいずれも4番の鈴木、決めたのも浅村のみだった。

残るはメキシコ戦と韓国戦も…「ボールを受けちゃっている」

 金子誠ヘッドコーチ兼打撃コーチは「ボールを受けちゃっている。それに気がついて振らなくていいボールまで振ってしまったり、悪循環ですよね。切り替えられている人と切り替えられていない人の差が出てきている」と指摘。この日4打数3安打3打点と大活躍だった浅村は「宮崎から変わらないですよ。分厚く当たっているかどうかの違いだけ」と常に状態を保っているようだ。

 残る試合予定は13日のメキシコ戦、16日の韓国戦と強力な相手ばかり。「予告先発があるから寸前まで打順決めたりね。途中から出して打つ人を最初から出しても、途中までだと思うし。最初からいくタイプの人もいるし、前のバッターに打たせてもらうタイプもいるし」と試案しているようで、この日の試合後はコーチ陣が遅くまで球場に残り、話し合っていた様子だ。

 秋山の負傷による出場辞退もあり、今大会に入ってからは坂本、山田、丸らが日替わりに1番で出場するなど打順は未だ固定できていない。「明日(13日)から2番をどうするか。1番だけの問題ではなくなっちゃいましたね」。侍ジャパンは世界一に向け、どのように打線を組み替えていくのだろうか。

Full-Count編集部

最終更新:11/13(水) 10:48
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事