ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン、“稲葉采配”的中でメキシコに勝利 2番坂本3安打、今永6回1失点

11/13(水) 22:06配信

Full-Count

メキシコに今大会で初めて土をつけ、侍ジャパンは決勝進出に王手

■日本 3-1 メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦を戦い、3-1で勝利した。左腕対策として1番から右打者5人並べる稲葉篤紀監督の采配が的中。序盤に打線が繋がってリードを奪い、投手力で逃げ切った。これでスーパーラウンドは3勝1敗となり、決勝進出に王手をかけた。

【動画】眠れる男・坂本が攻守で復活! 逆シングルキャッチから強肩スローでアウトとした坂本の美守映像

 稲葉監督はこの日、1番に山田哲人内野手(ヤクルト)、2番に坂本勇人内野手(巨人)を起用するなど、5番まで右打をズラリと並べた。この打線がいきなり繋がる。初回1死から坂本が左前安打で出塁すると、盗塁と鈴木誠也外野手(広島)の適時打。さらに外崎修汰内野手(西武)、近藤健介外野手(日本ハム)も安打を放って3連打で2点を先制した。

 さらに2回には先頭の會澤翼捕手(広島)、そして山田が四球を選んで1死一、二塁とすると、坂本がこの日2安打目となる左前適時打。リードを3点に広げた。坂本は6回の第4打席でも左前安打を放ち、この日は・打数3安打1打点。守備でも好守を見せて、投打で輝きを放った。

 先発の今永昇太投手(DeNA)は3回まで1人の走者を許さず、完璧な立ち上がりを見せた。4回の先頭ジョーンズに左翼へのソロ本塁打を浴びたものの、許した安打はこの1本だけ。6回まで1安打1失点に封じて好投した。7回を甲斐野央投手(ソフトバンク)、8回を山本由伸投手(オリックス)が抑えると、9回は守護神の山崎康晃投手(DeNA)が封じてリードを守り抜いた。

 前日のアメリカ戦で大会初黒星を喫した侍ジャパンだったが、一夜でチームを建て直して快勝。スーパーラウンドは3勝1敗となり、残る16日の韓国戦に勝てば、自力での決勝進出が決まる。ファイナルに王手をかけた侍ジャパン。2日間の休息を経て、宿敵・韓国との大一番を戦う。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/13(水) 23:18
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事