ここから本文です

【プレミア12】侍ジャパン稲葉監督、打順組み替えが的中「守備を決めてから打順を決めた」

11/13(水) 22:55配信

Full-Count

2回までに3得点、先発今永が6回1安打1失点の好投

■日本 3-1 メキシコ(プレミア12・13日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は13日、東京ドームで「第2回 WBSCプレミア12」(テレビ朝日系列で放送)スーパーラウンド第3戦のメキシコ戦を戦い、3-1で勝利した。左腕対策として1番から右打者5人並べる稲葉篤紀 監督の采配が的中。序盤に打線が繋がってリードを奪い、投手力で逃げ切った。これでスーパーラウンドは3勝1敗となり、決勝進出に王手をかけた。

【動画】眠れる男・坂本が攻守で復活! 逆シングルキャッチから強肩スローでアウトとした坂本の美守映像

 試合後、稲葉監督は「まず今永投手が強力なメキシコ打線を1安打に抑える素晴らしいピッチングだった。中継ぎも安打ゼロということでそれぞれが本当に素晴らしい投球してくれた」と先発して6回1安打1失点投球だった今永ら投手陣を称えた。

 さらに立ち上がりに得点を重ねた打線も評価。「初回2点、2回に1点とまず先制点を取れたことはジャパンの流れになる、日本らしい我々の勝ち方ができたと思います」と振り返った。

 稲葉監督はこの日、1番に山田哲人内野手(ヤクルト)、2番に坂本勇人内野手(巨人)を起用するなど、5番まで右打者をズラリと並べた。この打線がいきなり繋がる。初回1死から坂本が左前安打で出塁すると、盗塁と鈴木誠也外野手(広島)の適時打。さらに外崎修汰内野手(西武)、近藤健介外野手(日本ハム)も安打を放って3連打で2点を先制した。

 さらに2回には先頭の會澤翼捕手(広島)、そして山田が四球を選んで1死一、二塁とすると、坂本がこの日2安打目となる左前適時打。リードを3点に広げた。坂本は6回の第4打席でも左前安打を放ち、この日は3安打1打点。守備でも好守を見せて、攻守で輝きを放った。

「まずは菊池選手が出られないという中でセカンドを外崎にしようというところから入りました。哲人がファーストにいき、浅村をDHに。まず守備決めてから打順を決めた。ある程度昨日の夜にある程度打順は決めていたけど、昼くらいに浅村を3番にしたほうが、と。勇人の2番は決まっていたんですけど。1番から5番の中で点を取っていく流れを作りました」とうなずいた。

福谷佑介 / Yusuke Fukutani

最終更新:11/13(水) 23:19
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事