ここから本文です

東京モーターショー2019を総括! 何が良くて、何が課題だったか

11/14(木) 6:30配信

レスポンス

『ベストカー』12月10日号
発行:講談社ビーシー / 講談社
定価:420円(本体382円+税)

[関連写真]

11月26日号で「東京モーターショー特集」が終わったと思ってはいけない。12月10日号では、サプライズ発表を含めた事後レポート的“東京モーターショー最後の特集”を3パートに分けて掲載。

東京モーターショー2019でワールドプレミアされたマツダのピュアEV『MX-30』や超ド派手なレクサスのEVコンセプトモデル『LF-30』、会場の至る所で行われたイベントまで、事細かに『ベストカー』が解説する。

“オールインダストリー”をテーマに開催された東京モーターショー2019では、様々な業種の垣根を超えるものとなった。開催前は輸入車勢の不参加や広大な会場などの不安の声が聞こえてきたが、目標有料入場者数の100万人を大きく上回る結果。

自動車メインのモーターショーを期待していた方は肩透かしを食らった気分だろうが、今回のモーターショーは『ベストカー』編集部の言葉を借りるなら、新時代モーターショーの“初回”であった。肯定的に捉えた人が多いように思えた今回も、もちろん課題はあった。さて、2年後の東京モーターショー2021はどうなるだろうか。

気になる見出し……●続々誕生ニューカーSPECIAL●トヨタ巨大連携で生まれる新型車を追う!●MAZDA ロードスター30周年を祝う会!! ●ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズ誕生!●12年乗れるクルマ●GT-R NISMO 国内初テスト●ニッポンの功労車●知りたいことを「400字」で説明する●海外試乗 一気乗り3連発!


《レスポンス 滑川寛》

最終更新:11/14(木) 6:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事