ここから本文です

米CPI、10月は0.4%上昇 市場予想上回る

11/14(木) 0:58配信

ロイター

[13日 ロイター] - 米労働省が13日発表した10月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.4%上昇し、市場予想の0.3%上昇を上回った。3月以来の大幅な伸びだった。

米連邦準備理事会(FRB)は短期的に追加利下げをしないことを示唆している。この日の統計は、貿易摩擦や景気後退への懸念が和らいでいることとともに、FRBの見方を後押しする可能性がある。

ナロフ・エコノミック・アドバイザーズの首席エコノミスト、ジョエル・ナロフ氏は「FRBが近い将来、再び利下げする理由はない。インフレ率は低下傾向になく、米経済は緩やかに成長している」と述べた。

9月のCPIは前月から横ばいだった。

10月の前年同月比は1.8%上昇。9月は1.7%上昇していた。市場予想は1.7%上昇だった。

変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比0.2%上昇した。9月は0.1%上昇していた。

10月は医療費が1.0%上昇し、2016年8月以来3年超ぶりの大幅な伸びでコア指数を押し上げた。9月は0.2%上昇だった。病院業務や処方薬の価格上昇が寄与した。10月の医療費の前年同月比は4.3%上昇した。

MUFGの首席エコノミスト、クリス・ラプキー氏は「FRB当局者が米経済にインフレが起こっていないと思うなら医者にかかるべきだ」と指摘した。

コア指数の前年同月比は2.3%上昇。9月は2.4%上昇していた。

FRBが物価の目安としているコア個人消費支出(PCE)価格指数は9月に前年同月比で1.7%上昇。今年はFRBの目標である2%を下回っている。10月にCPIが加速したことや、医療費の伸びが好調だったことは、今月末に発表される10月のPCE価格指数がペースを上げたことを示唆する。

FRBは先月、今年3度目となる利下げを決めた。7月に08年以来初めてとなる利下げに踏み切って以降、金利を引き下げてきたが、今回は利下げの一時休止を示唆した。

最近発表された統計は比較的明るい内容だった。10月の雇用者数は市場予想を上回ったほか、サービス業の活動も加速した。米中貿易摩擦も和らいでいる。トランプ米大統領は12日、中国との第1段階の合意に関して、近く署名できるだろうと発言。詳細は明らかにしなかった。

1年4カ月続いている米中貿易摩擦は製造業の打撃となってきたが、個人消費は底堅さを保っている。

CPIの前月比の内訳は、エネルギーが2.7%上昇。9月は1.4%下落していた。エネルギーの値上がりは、CPIの上昇要因の半分以上を占めた。エネルギーのうちガソリンは3.7%上昇。9月は2.4%下落した。

食品は0.2%上昇。2カ月連続で伸びた。家庭用食品は0.3%上昇だった。

帰属家賃は0.2%上昇。9月は0.3%上昇した。ただ賃貸家賃は0.1%上昇と、11年4月以来の小幅な伸びにとどまった。

中古車は1.3%上昇。9月は1.6%下落した。衣料は1.8%下落。9月は0.4%下落していた。

娯楽は0.7%上昇と伸び率は1996年2月以来の大きさだった。パーソナルケア製品が伸びた。

家庭用品は0.2%下落。新車は4カ月連続で下落した。

ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのシニアエコノミスト、サラ・ハウス氏は「インフレ率の堅調なトレンドが予想されるが、貿易摩擦が持続する中で米成長率に対する見通しが一段と不明瞭になり、短期的にはインフレ率がFRBの目標を大幅に上回る可能性は乏しい」と述べた。

*内容を追加しました。

最終更新:11/14(木) 3:46
ロイター

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事