ここから本文です

ポール・トーマス・アンダーソン監督、新作は1970年代の高校生の物語

11/14(木) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] ポール・トーマス・アンダーソン監督が、1970年代の米カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーを舞台にした新作を準備していることがわかった。米ハリウッド・レポーターによれば、2020年2月に撮影に入る予定だという。

 タイトル未定の新作は、人気子役としての顔を持つ高校生を主人公にした作品で、現在キャスティングが進められている。その他にも主要キャラクターが登場し複数のストーリーが進行するようで、脚本をアンダーソン監督が執筆している。

 アンダーソン監督はこれまで「ブギーナイツ」「マグノリア」「パンチドランク・ラブ」でサンフェルナンド・バレーの物語を描いてきた。また、「ブギーナイツ」「インヒアレント・ヴァイス」が70年代を舞台にしている。

 アンダーソン監督の17年の前作「ファントム・スレッド」(ダニエル・デイ=ルイス主演)は作品賞、主演男優賞を含むアカデミー賞6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。同作は、アンダーソン監督が初めてアメリカ以外の場所を舞台に選んだ作品で、1950年代の英ロンドンにアトリエを構える、完璧主義の誇り高き仕立屋の物語を描いた。

最終更新:11/14(木) 11:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事