ここから本文です

SAGチーム、若手マレーシア人ライダーと契約。長島哲太は契約解除か

11/14(木) 14:24配信

motorsport.com 日本版

 ロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦中のONEXOX TKKR SAG Teamが、所属ライダーである長島哲太との来季の契約を解除することになりそうだ。

【動画】MotoGP2019第18戦マレーシアGPハイライト

 長島は今年、IDEMITSU Honda Team Asiaから古巣であるSAGチームに移籍すると、ポールポジションを獲得するなど速さを発揮し、表彰台にも近付きつつあった。また9月には、同チームから2020年シーズンも継続参戦することが公表されていた。

 しかしMotoGP.comが報じたところによると、チームは今季最終戦バレンシアGPを最後に長島との契約を解除するという。

 なおチームは公式インスタグラムへの投稿で、マレーシア人ライダーのカスマ・ダニエル・ビン・カスマユディンと契約を結んだと明かしている。

 契約を解除された長島の行き先が気になるところだが、来季のMoto2でシートの空いているチームは既に残り少ない。現時点で来季のライダーが未定とされているチームは、KTM Ajo Motorsportと、American Racing KTMの2チームのみとなっている。

 仮定の話だが、Ajo Motorsportに加入した場合はホルヘ・マルティンが、American Racingに加入した場合はマルコス・ラミレスがチームメイトとなる。

最終更新:11/14(木) 14:24
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事