ここから本文です

石川遼は74位Tと出遅れも、「次へのステップのために必要なラウンド」

11/14(木) 17:31配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇14日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>

超豪華プロアマ!石川遼&有名アスリートたち【写真】

現在賞金ランキング1位の今平周吾と、それを追う3位の石川遼。注目の二人が同組で回るとあって、大勢のギャラリーを引き連れた初日だったが、結果は今平が2オーバーの39位タイに対し、石川は3バーディ・6ボギー・2ダブルボギーの7オーバー・74 位タイと大きく出遅れた。

「コンディションが難しかったですし、いくつかミスショットもありましたが、徐々に良くなってくれれば……。スコアは悪いけど、次に進むためには必要なラウンドだったと思います」

上井邦裕が棄権したため、全83人中74位という順位となったが、本人は結果に一喜一憂はしていない。ドライバーショットは先週よりも改善されており、スコアと結果が伴わないもどかしさは感じているものの、よくなるための次へのステップとして長い目で捉えている。

「ドライバーがいい時にアイアンも悪くならなかったというのは好材料。まずは良いショット、良い内容を続けていけばスコアも付いてくると思うので、自分が先走らないようにしたい。去年出来なかったことが、今年できているのはたくさんある。一歩ずつだと思います」

第2ラウンド終了時点で60位タイまでが決勝に進めるが、7オーバー・74位タイの石川も、まだまだ予選通過の望みは十分ある。もともと爆発力が真骨頂なだけに、明日の巻き返しに期待したい。(文・大泉英子)

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:11/14(木) 17:31
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事