ここから本文です

渡辺謙、常に求める「ドキドキ」――新作「ベル・カント とらわれのアリア」との運命的出合いを語る

11/14(木) 14:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 「仕事を選ぶうえでの基準? ないんですよね(笑)。そこにこだわりを持っちゃうと、安定してしまうから。やっぱり、作品を見てくださる皆さんに『今度はどんなことをしてくれるんだ?』って期待してほしいし、僕自身がドキドキをすごく求めている。いろんなふり幅が必要だなって。本当に『何でもちょうだい!』って感じですよね」

【インタビュー時別カット】「ベル・カント」に出演した渡辺謙

 そう語る俳優の渡辺謙が“ドキドキ”の一つとして出演を決めた作品が、米映画「ベル・カント とらわれのアリア」(ポール・ワイツ監督)だ。1996年にペルーで起きた日本大使公邸占拠事件からヒントを得た、アン・パチェットのベストセラー小説「ベル・カント」を映画化。南米某国の副大統領邸を占拠したテロリストと人質たちが、世界的オペラ歌手の歌声を通して心を通わせていく感動ドラマで、渡辺は人質となる日本人実業家のホソカワを演じている。

 1度は映画化が動き出し、渡辺にも出演オファーが届いていたものの、9.11直後のタイミングだったため、企画は数年にわたり頓挫したままだったという。それだけに、改めて台本を受け取った渡辺は「まさに運命的な出合い。自分としては、何としても引き受けなければと感じた。人質事件の直前には、ペルーで紀行ドキュメンタリーを撮影していましたし」と強い思い入れを示す。

 長年の構想を経た結果、分断の時代だと叫ばれる昨今だからこそ、「この作品が投げかけるメッセージは大きい」とも。「アメリカ、イギリス、それに日本も含めて非常に内向きになっていて、ユニバーサルな感覚が薄れつつある気がしますね。人種や宗教、価値観の違いをいかに理解し合えるか? その難しさも含めて、海外で仕事をする僕にとっても大きなテーマ。どんな現場であっても、まずは自分自身がオープンマインドでいることを意識しています」(渡辺)

 物語のカギを握るオペラ歌手役のジュリアン・ムーア、日本人通訳を演じる加瀬亮、セバスチャン・コッホ、クリストファー・ランバートら国際色豊かなキャストが顔をそろえ「テロリストと人質たちの間にある、見えない壁が氷解していく。その過程は、役者同士でさまざまな瞬間を積み重ねるしかないんです。脚本をただ表現するのではなく、目線や口調、しぐさの交換が、親密な空気感を作り出すので、オンもオフも互いにコミュニケーションを取り合いましたね」と振り返る。瞬間の積み重ねが頂点に達するエンディングには、渡辺本人も「息をのんだ。とても映画的で、ある種の魔法を感じる」と感嘆しきりだ。

 現在も「名探偵ピカチュウ」「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」といったハリウッド大作で活躍する一方、「The King and I 王様と私」でブロードウェイの舞台に立ち、来年3月には佐藤浩市と共演した「Fukushima 50」(若松節朗監督)の公開を控える。確固たるキャリアを築いてなお、俳優として躍進し続ける原動力とは?

 「まずは求められることに忠実に。そのうえで、要求を超えるサムシングを常に発揮したいと思っています。もちろん、でこぼこ道ですけれど、自分なりに積み上げていくしかありませんから。今はネット配信をはじめ、アウトプットが多いから、結構大変な時代ですよ。作り手にパッションがないと、すぐに見透かされてしまう。逆に変わらないことは、僕らが生み出す作品が、どれだけ人の心に寄り添えるか……。つまり“ドキドキ”させられるかなんですね」

 「ベル・カント とらわれのアリア」は、11月15日から全国公開。

最終更新:11/15(金) 12:51
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事