ここから本文です

【WEC】来季のWEC”ハイパーカー”に期待するトヨタ。初年度は4チームが参戦?

11/14(木) 17:43配信

motorsport.com 日本版

 FIA世界耐久選手権(WEC)は2020-2021年シーズンから、通称”ハイパーカー規定”と呼ばれる新規定の下、LMP1クラスが新たなトップカテゴリーに生まれ変わる。

FIA WEC上海4時間レース:決勝ハイライト

 トヨタはアストンマーチンと同様、早々に参戦を表明。市販に向けて開発中のGRスーパースポーツ(仮称)をベースとするハイブリッド・プロトタイプ車両の開発を進めている。

 トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは、motorsport.comのインタビューに応え、マシンを来季の開幕戦シルバーストンに間に合わせるため、全力を尽くしていると語った。

「ハイパーカーの準備に全力で取り組んでいる。遅すぎるくらいだ! 全てがとてもギリギリの状態だ。クルマが走るのは、ホモロゲーションと最初のレース直前になるだろう。とてもタイトで、リスキーなスケジュールだ」

「(開幕戦)シルバーストンは日程が変更された。8月末ではなく、9月頭になったので、1週間の時間ができた。現時点で完璧なプログラムを目指しており、全てが順調に進むことを望んでいる。だがリスキーで、タイトなスケジュールなのは間違いない」

 アストンマーチンは、ハイブリッドシステム非搭載のレース仕様ヴァルキリーで”ハイパーカークラス”に参戦する予定だ。また、2018-2019年までLMP1クラスに参戦していたバイコレスも、昨年12月に新規定への参入を計画していることを発表した。

 さらに、アメリカに本拠を置くスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスの創設者、ジェームズ・グリッケンハウスも、WEC参入に興味を示しており、9月に開発を進めているマシン『SCG 007』のレンダリング画像をSNSで公開した。

 バセロンは、この4チームがハイパーカークラスに参戦すると考えており、2年目以降に参戦を検討しているメーカーもあると示唆した。

「現時点では、我々とアストンマーチン、さらにバイコレスとグリッケンハウスの4チームが参戦すると考えられている」

「長期的には、あらゆることが起こりうる。いくつかのマニュファクチャラーは、それ(1年目のシーズン)を見て、2年目に参戦することを計画しているようだ」

「4つのチームが参戦するため、現時点で1年目は良いシーズンになりそうだ」

 2年目から参入を検討していると考えられるマニュファクチャラーのひとつが、現在LMP1クラスを戦っているレベリオン・レーシングや、LMP2クラスに車両を供給しているオレカだ。マクラーレンも、ザク・ブラウンCEOが参戦する可能性に含みを持たせており、状況を見守っているとコメントしている。

 一方で、WECのCEOであるジェラルド・ヌーブは、北米のスポーツカーシリーズであるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の、DPiクラスとのコラボレーションを期待している。

 IMSAは、2022年からDPi 2.0と呼ばれる新車両規定を導入する計画を建てており、共通のハイブリッドシステム導入が検討されている。

 バセロンも、より多くのメーカーをWECに呼びこむ必要があるとしながらも、ハイブリッドシステムの共通化には否定的だ。

「将来的にはもちろん、より多くのメーカーを呼び込むチャンスを検討するべきだ。我々が”ル・マンにもたらすもの”が維持されている限りね」

 共通ハイブリッドシステムは”なし”かと訊くと、バセロンは「その通りだ」と答えた。

 ハイパーカー規定は、レース専用に設計されたプロトタイプマシンと、市販ハイパーカー由来のマシンの両方に開放されることになる。

 マシンの最低車重は1100kgとされ、出力は750bhpに制限。ハイブリッドシステムの搭載は必須ではなく、ハイブリッド出力は270bhpまでに制限される。また、ハイブリッド車と非ハイブリッド車のパフォーマンスを近づけるため、LM-GTEクラスに導入されている方式をベースにした性能調整が適用される。

 バセロン曰く、すでにその調整は進められているという。

「プロトタイプカーとハイパーカーの間で、すでにイコライゼーション(平等化)が行われている。それに制限はないんだ! それに3年間のホモロゲーションがあるため、LMP1マシンも参戦することができる。あらゆる方向からバランスが取られるんだ」

 今年6月に詳細が発表されたハイパーカー規定。導入まで1年を切る中、水面下で着々と準備が進められているようだ。

最終更新:11/14(木) 17:43
motorsport.com 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事