ここから本文です

エディーHCが日本“復帰” 古巣サントリーのコンサルタント就任

11/14(木) 13:55配信

スポーツ報知

 ラグビー・トップリーグのサントリーは14日、来季2020年シーズンの追加スタッフとして、19年W杯準優勝のイングランド代表監督で、10~12年度に同チーム監督を務めたエディー・ジョーンズ氏(59)が新たに加入したと発表した。昨季V逸したチームのコンサルタントとして「ディレクター・オブ・ラグビー」を務める。21年までイングランド代表監督の契約が残るエディー氏は、来年7月4日に大分・昭和電工ドーム大分で、同11日に兵庫・ノエビアスタジアム神戸で、イングランドを率いて日本代表と対戦する。エディー氏はチームを通じて以下のコメントを寄せた。

【写真】女子高生グラドルが女子ラグビー挑戦

 「日本のラグビーファンの皆さん、ラグビーワールドカップ2019日本大会では、イングランド代表チームに全国各地で温かい声援、サポートありがとうございました。イングランド代表にとっても素晴らしい大会になりましたし、日本ラグビー界にとっても、大きなターニングポイントになりました。この度、サントリーサンゴリアスのコンサルタントとして、ディレクターオブラグビーに就任することになりました。私の仕事は、強いサントリーを取り戻すとともに、ワールドカップでも活躍した各国のスター選手が多く参戦するトップリーグで、日本一を奪還することです 。これからも今まで同様、サンゴリアスの飛躍に貢献したいと思っています。皆さん、応援よろしくお願いします」。

最終更新:11/14(木) 14:35
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事