ここから本文です

【11月15日のスカーレット】第41話 絵付け師・深野の半生を語り、喜美子は決意を!

11/14(木) 21:00配信

デイリースポーツ

 NHK連続テレビ小説の101作目となる「スカーレット」(月曜~土曜8時)。11月15日は第41話が放送される。喜美子の心を深く揺さぶった深野の生き様とは…。

 喜美子(戸田恵梨香)のお見合いは破談に。さらに酒と偽って水を飲まされ、父の常治(北村一輝)が激怒。喜美子は火鉢の絵付けを学ぶ了承を得ることに失敗する。翌日、喜美子を後押しできずに謝る母のマツ(富田靖子)。喜美子はマツと妹たちに、見ない方がいいと忠告されながらのぞき見た、絵付け師・深野(イッセー尾形)の創作の様子と、秘められた半生を明かす。貧しい幼少期、従軍した戦争体験…。そして喜美子はある決意を家族に告げる。

 「スカーレット」は、滋賀県の信楽で陶芸家として道を切り開いていく川原喜美子の物語。理想の信楽焼を求めて、土と炎に向き合う女性の波乱万丈の半生を描く。連続テレビ小説への出演は「オードリー」以来2回目となる戸田恵梨香がヒロインを演じる。脚本は「夏子の酒」「ホタルノヒカリ」シリーズなど、数多くの作品を手掛けてきた水橋文美江氏のオリジナルストーリー。

最終更新:11/14(木) 21:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事