ここから本文です

森保ジャパン、南野5戦連発1-0で後半へ アウェーであわや失点も

11/14(木) 21:09配信

デイリースポーツ

 「W杯アジア2次予選、キルギス-日本」(14日、ビシケク)

 日本はMF南野拓実(ザルツブルク)が日本代表としては史上初となるW杯予選初戦から4試合連続のゴールを決め、1-0で前半を終えた。

【写真】GKに倒され、PKを獲得した南野

 日本はDF長友佑都が井原正巳にならぶ歴代2位となる通算122試合目、吉田麻也がセンターバックとしては3人目となる通算100試合目の出場を果たした。

 ピッチの芝がはげていたり、ところどころ枯れているように見えるアウェーのスタジアム。相手のFIFAランクは94位で、日本の28位に比べると下位ではあるが、序盤から、ピンチを迎えるシーンもあった。GK権田が至近距離からのシュートを防ぐなど、一歩間違えば先制点を許すこともありえた。

 相手サポーターの声援などもあり、必ずしも盤石ではない雰囲気の中、前半39分に南野がエリア内に流れたボールを追いかけて相手GKのファウルを誘ってPKを奪取。同41分に自らセットし、決めた。

 W杯予選によらなければ、代表戦歴代2位タイの長さとなる5試合連発で、史上4人目(木村和司=6試合連発、渡辺正、釜本邦茂=5試合連発)。

最終更新:11/14(木) 21:42
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事