ここから本文です

「少年ハリウッド」クリスマス上映の期間拡大、新曲デモテープ制作目指すCF始動

11/14(木) 22:27配信

コミックナタリー

「少年ハリウッド」の新たなクラウドファンディングプロジェクト「目指せ!クリスマスライブ上映!2019年のイブも少年ハリウッドと過ごしたい!」が、Makuakeでスタートした。

2014年に放送スタートしたTVアニメが5周年を迎え、7月から8月にかけて実施したクラウドファンディングプロジェクトでは、目標金額を大きく上回る700万円超の支援を集めた「少年ハリウッド」。このたびのプロジェクトでは、12月24日に東京・池袋HUMAXシネマズで行われる「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR YOU-完全版」上映の期間拡大、新曲「We Are The Hollywood(仮題)」のデモテープ制作を目指す。

リターンとして、各種特典が付いた12月24日の上映会のチケットを用意。特典には生原画、複製原画、「ハリウッド夏祭り2017」で使用された法被などが揃えられた。リターン品にはそのほか「少年ハリウッド」のフラッグを模したひざかけや、過去のプロジェクトからの復刻として、設定資料集、脚本集なども用意されている。またカラオケボックスで動画が楽しめるJOYSOUNDのサービス・みるハコとのコラボも実施。「少年ハリウッド-HOLLY STAGE FOR YOU-完全版」がみるハコで視聴できる支援コースが設けられ、同コースの支援数によって「少年ハリウッド」関連楽曲がJOYSOUNDで新たに配信される。

プロジェクトの目標金額は500万円。達成に関わらず支援した人全員に商品が届けられる。300万円達成で上映期間の拡大、500万円達成でデモテープ制作、600万円達成でデモテープへの仮歌収録、1000万円達成で新プロジェクトの始動がアナウンスされている。詳細はMakuakeのプロジェクトページで確認を。

最終更新:11/14(木) 22:30
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事