ここから本文です

将棋の行方八段、九段昇段「木村王位の最年長記録を抜く可能性がある棋士は自分だけだと思っている」

11/14(木) 23:12配信

スポーツ報知

 将棋の行方尚史八段(45)が14日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第78期順位戦B級1組の畠山鎮八段(50)戦で後手の122手で勝ち、八段昇段後の公式戦250勝目(未放送のテレビ棋戦を含む)を挙げ、規定により同日付で九段に昇段した。

 九段は将棋界最高段位。2007年の八段昇段から12年間で250勝を重ねて到達した行方は「順位戦で決めることができて良かったです。八段に上がってからだいぶ時間がかかってしまいました」と思いを語った。

 九段に昇段するためには「八段昇段後公式戦250勝」の他に「竜王2期獲得」「名人1期獲得」「タイトル3期獲得」の規定がある。「勝ち星で上がるしか昇段の術(すべ)がなかった。なかなか一勝一勝が重くて…。でも、これでアガリだとは思っていないので、ここをスタート地点にしてやっていきたいなと思っています」

 今年9月、小学生の頃から切磋琢磨してきた同学年の木村一基王位(46)が史上最年長で初タイトルを獲得した。「年が一緒で、この一年、彼との結びつきが深まるようなこともあったので。当然、意識はしてますね。彼の記録を抜く可能性がある棋士は自分だけだと思っているので、そういう意識を持ってこれからやっていきたいなと思っています」。行方らしい明確な言葉で今後を見据えた。

 ◆行方 尚史(なめかた・ひさし)1973年12月30日、青森県弘前市生まれ。45歳。故・大山康晴十五世名人門下。86年、棋士養成機関「奨励会」入会。93年10月、四段昇段。2007年、八段。タイトル戦は2013年度王位戦、15年度名人戦で、いずれも羽生善治に挑戦して敗退。順位戦A級6期。通算636勝408敗、勝率・609。居飛車党。

最終更新:11/14(木) 23:41
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事