ここから本文です

ロシア人クォーター美女再現のこだわりは?『鬼滅の刃』『ラブライブ!』人気キャラも勢揃い

11/14(木) 7:00配信

オリコン

 コスプレ衣装のまま東京ドームシティ内のアトラクションに乗れたり、買い物や飲食も楽しめたりすることから、多くのコスプレファンに支持されている大型イベント『コスプレフェスタTDC(以下、コスフェス)』。10月の開催時は残念ながら雨天となってしまったものの、大勢のレイヤーおよびカメラマンが集まり、大盛り上がりとなった。そんな『コスフェス』を取材して見つけた、魅力溢れるレイヤーたちを紹介する。

【写真】爆弾ボディをおしげもなく… コスプレ美女たちの大胆衣装にドキッ

 コスプレイベントといえば、同じ作品のレイヤー同士で集まり、集合写真の撮影を楽しむ“併せ”ができるのも魅力のひとつ。『ラブライブ!』の制服衣装で集まっていたグループにこだわったポイントを聞いてみたところ、矢澤にこに扮するわらびさんは、「いちばん小さいサイズの衣装を購入したんですけど、それでもまだ大きかったので、体にフィットするようにリサイズしたんです。リボンなどのパーツは、付属のものだとデザインがいまいちだったので、自作で用意したものと差し替えました」と話してくれた。

 西木野真姫に扮するなきにぃさんは、メイクにこだわったそうで、「素の状態だとたれ目なので、より真姫ちゃんらしく見えるよう、ネコ目メイクに挑戦してみました。ウィッグもフワッとした髪質を再現したかったので、全体的なボリュームを考えながら形を整えました」とコメント。

 祖母がロシア人のクォーターである絢瀬絵里に扮するらんこさんは、「絵里はクォーターなので、白に近い金髪の方が似合うと思って、ウィッグの色選びには気をつけました。メイクも、ふだんはオレンジを入れているんですけど、今回は色白に見えるよう、ピンクを多めにしてみました」と、こだわりを聞かせてくれた。ちなみに3人は、9月より配信がスタートしたスマートフォン用ゲーム「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバルALL STARS」もプレイ中で、作中に登場する新作衣装での“併せ”にも興味津々とのことだった。

 また会場では、4~9月にかけて放送され、好評を博した人気アニメ『鬼滅の刃』のコスプレで参加するレイヤーも多く、栗花落カナヲに扮する水晶さんにも話を聞くと、「髪のボリュームが多いので、そのままの状態でウィッグを被ると重みでどんどんズレてしまって…。全体的にすいて、軽い感じに仕上げました。今回が初出しだったので、これから改良を重ねて、クオリティを高めていきたいです」と話してくれた。

取材・文=ソムタム田井

最終更新:11/14(木) 7:00
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事