ここから本文です

植村花菜「トイレの神様」大ヒットから9年後の今 ニューヨークでの結婚生活を公開

11/14(木) 12:00配信

オリコン

 「トイレの神様」のヒットで知られるシンガー・ソングライターの植村花菜(36)が、あす15日放送のTBS系バラエティー番組『爆報!THE フライデー』(後7:00)に出演。同曲の大ヒットから9年が経過した今の生活に迫る。

【写真】スケスケ衣装でとびっきりの笑顔のKa-Na(植村花菜)

 同曲は、自身の祖母との思い出を歌ったフルコーラスで約10分におよび、その歌詞は泣ける歌としても話題に。植村はその年の『第61回NHK紅白歌合戦』に出場したが、曲の長さが話題になった。番組では、結婚しニューヨークに移住した植村に密着取材を行い、彼女の驚きの結婚生活を紹介する。

 植村から指定された場所で番組スタッフが待機していると、ロングの黒髪がひと際目立つ女性が。現在36歳になった植村は、ニューヨークに来たばかりの頃は英語での会話もままならなかったが、移住して3年、現在では現地で親しくなった友人や買物先の店員たちとバッチリ英語でコミュニケーションをとっているという。

 番組では彼女が暮らすブルックリンの外れにあるマンションも訪れ、築100年という植村の住まいを公開する。

最終更新:11/16(土) 8:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい