ここから本文です

ジャスティン・ビーバー、声優を務めるアニメーション映画『キューピッド』のアートワーク公開

11/14(木) 12:40配信

BARKS

ジャスティン・ビーバーが、初めて本格的に声優に挑むアニメーション映画『Cupid』のアートワークが初披露された。

◆『Cupid』、ジャスティン・ビーバー画像

ジャスティンは『ザ・シンプソンズ』や映画『Killing Hasselhoff』(2017年)などで声の出演を果たしたことはあるが、長編アニメーションの主役を担うのはこれが初。アートワークで描かれたキューピッドの姿もジャスティンに似ていると評判だ。

映画は、キューピッドとプシューケーの神話をもとに、アニメーターのピート・キャンデランドが監督、『ザ・スター はじめてのクリスマス』(2017年)を手掛けたカルロス・コトキンが脚本を執筆。ジャスティンのマネージャー、スクーター・ブラウンとマーベル・スタジオの会長だったデヴィッド・メイゼルが昨年設立したMythos Studiosが制作する映画第1弾となる。

最終的にキューピッドがどのような姿、タッチで描かれるのか、プシューケーの声は誰が担当するのか等、さらなる詳細はまだ明かされていない。

Ako Suzuki

最終更新:11/14(木) 12:40
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事