ここから本文です

ハナノキの下で演奏会 松阪の飯南高 生徒の吹奏や歌、住民ら楽しむ 三重

11/14(木) 11:00配信

伊勢新聞

 【松阪】三重県松阪市飯南町粥見の県立飯南高校(土方清裕校長、生徒数234人)は12日、同校校庭の紅葉したハナノキの下で野外コンサートを開き、地元住民ら約百人が楽しんだ。

 ハナノキは樹齢約90年の大木。周りに教員住宅があったが、現在は広場になっている。校門から続く杉の並木道とともに同校のシンボル。

 平成28年から吹奏楽部が「ハナノキ紅葉Evening Concert」と題して演奏会を開いてきた。

 半分ほど赤く色づいたハナノキの下で、授業で音楽を選択した生徒が合唱を響かせ、ブラスバンドが「君に届け」や「タッチ」などの楽曲を披露した。

伊勢新聞

最終更新:11/14(木) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事