ここから本文です

熊野地鶏中心に10種類 ふるさと振興公社 冬ギフトの販売開始 三重

11/14(木) 11:00配信

伊勢新聞

 【熊野】三重県の熊野市ふるさと振興公社は、熊野の特産品をそろえた冬ギフト「熊野を贈る」の販売をこのほど始めた。来年1月31日まで注文を受け付ける。

 ギフトは毎年夏と冬の2回、お中元やお歳暮の時期に合わせて販売している。今年で9年目。

 今年の冬ギフトは熊野地鶏を中心に10種類を販売する。新商品は紀和みそや干物、地鶏商品など15品を詰め合わせた「熊野の恵みセット」。数量限定で50セットを販売する。冬定番の鍋セットは地鶏のカット肉やつくねが入った「味噌鍋セット」を初めて販売する。

 担当者は「商品を通して熊野の良さや魅力をお伝えできたら」とPRしている。

 商品価格は2500円―1万円(送料別)。注文は電話とファクス、公社ホームページで受け付けている。

 問い合わせは市ふるさと振興公社=電話0597(97)0640=へ。

伊勢新聞

最終更新:11/14(木) 11:00
伊勢新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事