ここから本文です

便利グッズでラクラク!「トイレ」を衛生的に保つアイディア3【毎日の掃除がラクになる部屋作り】

11/14(木) 11:10配信

kufura

kufura

kufuraでも人気の整理収納アドバイザー・矢澤茜さんのお宅は、取材でお伺いすると、いつもスッキリと気持ちよく整っています。実は毎日の掃除をラクにするために、日々心がけている部屋作りのコツがありました。

今回は、みなさん苦手な「トイレ」掃除を快適にするためのアイディアについて教えてもらいました。早速、動画をチェックして、トイレ掃除の参考にしてみましょう。

便利グッズを駆使して、トイレ掃除は楽しく行おう!

家族みんなが使うトイレは、家の中でも特に汚れやすい場所。便器も床も汚れを溜め込んでしまうと、なかなか掃除するのは厄介で、汚れも落ちにくくなってしまいます。「あの時、気付いた時にやっておけば……」と、怠けた自分を後から責めたことがある人も多いのではないでしょうか。

矢澤さんは便利なアイテムを自分流に使いやすくアレンジしながら、トイレをこまめに掃除して清潔に保つ工夫をしていました。

「毎回自分がトイレに入る時に、サッと拭き掃除をしたり、気になった汚れはすぐに落としたりしているので、トイレ掃除をまとめて行うことはありません。毎日簡単に掃除して、汚れを溜めない方が効率的です。

最近は便利なグッズもたくさんあるので、自分が使いやすいものをアレンジして使っています。これでトイレ掃除も億劫じゃなくなりました」

一体、矢澤さんはどんなテクを使っているのでしょうか? 早速、教えてもらいました。

テク1:トイレブラシは使い捨てするのが衛生的。

矢澤さんはトイレのブラシは持たずに、使い捨てタイプのブラシを使っています。

「トイレブラシを床に置いておくと、床掃除もしにくいし、便器掃除をした後に濡れた状態で置いておくのも気になります。私は、無印良品のキッチンでスポンジを挟んでボトルを洗ったりするのに使う『柄つきスポンジ』を、トイレ用に使っているんです。

スポンジではなく、ジョンソンの『スクラビングバブル 流せるトイレブラシ』をこれで挟んで便器をお掃除。このブラシは流せるタイプなので、そのままトイレに流してしまってOK。汚れもよく落ちるし、何より衛生的で気に入っています。

無印良品の『柄つきスポンジ』のフレーム部分は、ステンレスなのでお手入れも簡単。私はトイレのタンクの横にフックをつけて吊るしているのですが、シンプルなフォルムなので見た目もなかなかおしゃれなんですよ」

確かにこれは見た目もスマートで場所もとりませんね。使い捨てのトイレブラシを挟むのにぴったりで驚きました。こんな使い方もあったとは! 矢澤さんならではのアイディアですね。

1/2ページ

最終更新:11/14(木) 11:10
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事