ここから本文です

埼玉県民の日、大野 埼玉県知事に訊く「豚コレラ、台風19号、そして大宮ボールパーク構想」

11/14(木) 22:30配信

ニッポン放送

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(11月14日放送)にが大野元裕 埼玉県知事か電話出演。埼玉県知事として考える埼玉県について、番組コメンテーターのジャーナリスト・鈴木哲夫とともに訊いた。

豚コレラと台風19号被害

飯田)この時間は、埼玉県知事の大野元裕知事にお話を伺います。選挙ご当選のお忙しいなかでご出演いただきましたが、あれから4ヵ月くらい経ちました。知事業というものはどうですか?

大野)知事になってやりたいことがたくさんあったのですが、私が就任してすぐに豚コレラの問題がありました。それから、台風19号が県内に甚大な被害をもたらしましたので、これらの対応に追われる毎日でした。

飯田)豚コレラのときは早かったですね。すぐに農水省に行って対応するようにお願いを出すなど、非常に対応が早かった印象があります。これは深刻だと見たわけですか?

大野)豚コレラにかかってしまうと、昨年(2018年)の愛知や岐阜もそうですが、多くの方々が廃業に追い込まれることになります。埼玉県で2例目が出たときに、これは点ではなく面だということで、農水省に対し、とにかく関東での蔓延を防がなくてはいけない。そのために逐次、戦力を投入して戦線が広がらないように、戦略的に集中的にやろうという話をしました。

飯田)埼玉そのものもベッドタウンでありながら、畜産が盛んなところだという面もあります。そして、隣の群馬も畜産が盛んですよね。知事としてもここで止めなければ、という気持ちはあったのですか?

大野)埼玉県は10万頭前後ですが、群馬には60万頭ほどの豚がいると聞いています。ここで止めなければいけないということと、埼玉には美味しい豚がたくさんありますので、不安のないようにしたいという、2つの思いがありました。

飯田)豚コレラに仮にかかってしまっても、人間に影響のあるものではないし、美味しくいただけるものではあるのですよね。

大野)もちろん罹患した豚肉は出荷されませんが、万が一出荷されて食べたとしても問題はありません。

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 22:30
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事