ここから本文です

「カードを封印する必要ある」 高齢女性が詐欺被害

11/14(木) 14:43配信

福井新聞ONLINE

 福井県警福井署は11月13日、福井市内の70代女性が、警察官をかたる男から「口座が詐欺の被害に遭っている」などと電話を受け、キャッシュカード数枚をだまし取られたと発表した。約50万円が引き出されており、同署は特殊詐欺事件として捜査している。

 同署によると、11日午後5時半ごろ、福井県警の警察官をかたる男から女性宅に「あなたの口座が詐欺の被害に遭っている」「キャッシュカードを封印する必要があるので今から警察官が行きます」との電話があった。同6時ごろ、電話と別の男が女性宅を訪れたが、この際は警視庁の警察官をかたった。

 女性は指示に従い、男が用意した封筒にキャッシュカードを入れて封印した。男に「割り印が必要」と言われ、印鑑を取りに行った隙に別のカードが入った封筒とすり替えられた。女性は暗証番号を男に伝えていたことから、金融機関で現金を引き出される被害に遭った。

 不審に思った女性が12日に同署に相談し、事件が判明した。

最終更新:11/14(木) 14:49
福井新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事