ここから本文です

高知県知事選挙・立候補者の横顔|浜田省司(はまだ せいじ)氏の経歴・政策は?

11/14(木) 5:01配信

選挙ドットコム

任期満了に伴う高知県知事選挙(11月7日告示、24日投開票)に浜田省司(はまだ せいじ)氏(56)が立候補しています。
浜田氏は元大阪府副知事・元総務省官房総括審議官で、自民・公明両党の推薦を受け、無所属での立候補です。

なお高知県知事選には共産・社民両党が推薦し立憲民主・国民民主両党の県連も推薦する無所属の松本顕治氏(35)が立候補しています。

高知県出身の浜田氏。総務省に入省し、総務省総括審議官、高知県知事選へ初挑戦

浜田省司氏は1963年1月23日、高知県四万十市の出身で現在56歳です。東京大学法学部を卒業後、1985年に旧自治省(現総務省)に入省。1995年には福岡県庁で消防防災課長・財政課長を務め、2003年には島根県総務部長、2017年には大阪府副知事を歴任しました。

2019年には総務省大臣官房総括審議官として、マイナンバー情報連携・政策企画に携わっていましたが、今回の高知県知事選に立候補しない意向を表明した尾崎正直知事から立候補の打診を受け、8月に総務省を退職しています。

浜田氏の政策理念は?

浜田氏は自身のホームページによれば、「浜田の政策 共感と前進の政策」をキャッチコピーとして、以下のような政策を掲げています。

さらに前進!高知県
1.地産外商の取り組みを一層進め、産業振興計画のさらなる推進!
2.福祉の充実に取り組み安心・安全な高知県の実現!
3.知・徳・体の分野ごとに目標を掲げた教育の推進!
4.南海トラフ地震対策を着実に推進!
5.四国8の字ネットワークをはじめとする道路整備などのインフラの充実!
6.県民運動としての少子化対策の推進!
7.観光産業の活性化と文化・スポーツの振興!

浜田氏の横顔・候補者アンケートへの回答

選挙ドットコムでは高知県知事選の両候補者に重点政策や今回の選挙の争点などを聞く候補者アンケートを実施しました。候補者からの回答内容を掲載しています。

質問項目

1、なぜ、他の政治家ではなく「高知県知事」に立候補するのか(立候補理由)300字以内
2、スローガン、キャッチコピー(30文字以内)
3、重要課題認識
高知県が抱える課題のなかで、最も深刻な課題は何でしょうか?(20文字以内)
その課題に対してどう取り組みますか。(300字以内)
4、重点分野(力を入れて取り組みたい分野を3の他に2つまで。(1つ20文字以内))
それに対する理由・具体的な内容(1つ200字以内)
5、3期12年間の尾崎県政への評価(5段階、以下の選択肢からお選びください)と理由
選択肢:高く評価できる 評価できる どちらとも言えない あまり評価できない 全く評価できない
・評価できる点の理由(200字以内)
・評価できない点の理由(200字以内)
6、今回の高知県知事選挙の争点は何でしょうか(100字以内)

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 5:01
選挙ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ