ここから本文です

「貯金、してますか?」…独身男女のリアルな「貯金額」は!?

11/14(木) 19:10配信

TOKYO FM+

TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」で取り上げたTFM+コラム「貯金ゼロも!? 独身の“リアル”な貯金額」。番組終了後にYahoo!で配信したところ、Yahoo!のコメント欄ではいろいろな意見が飛び交いました。ということで、そのコメント欄からいくつか興味深い意見をピックアップしてご紹介。番組パーソナリティのたかみなと一緒に「独身の貯金額」について考えてみました。

【写真を見る】パーソナリティのたかみな(右)

まずは、Yahoo!ニュースに配信したTFM+コラムのコメント欄からの意見をご紹介。

「ひとり暮らしで無理に貯金ばかりしてストレスがたまって、結局、どかんと今までの反動でなくなりました。100円でも1,000円でも余裕を持ちながらしたほうがまし。ストレスで病気になってしまうからね」

「20~22歳に就職して真面目に生活していたら、良識のある人なら40歳の時点で1,000万円は貯蓄があるのが普通。それがない人は、人生、甘く考えすぎていると思う」

「社会人1年目で100万くらいは貯金したな。社会経済的に見たら貯金しまくればいいとは言えないだろうが、ある程度の貯蓄はないと、いざというときに不安だ。私はお金を貯める目的があったし、お金が好きだから貯められた」

コメント欄を見てみると、「貯金してる人」と「貯金していない人」の落差が激しいという印象がありました。お金を使ってしまう独身と独身だから不安でお金を貯める人に分かれるんでしょうか。

「ある意味、独身のほうがお金使うよね。わかるわ」

「寿命まで生きてるとは限らない。必死に金を貯め込んで明日死んだらどうする。墓場には預金も財産も持っていけないのである。俺はこの世に1円たりとも残して死にたくはない」

「実家住まいの正社員の独身にもかかわらず、貯金ペースは年間50万前後。休日にあちこちうまいもん食いに行ったり、温泉に行ったりする結果がこれ。休日に自宅にこもってゲームばかりしてりゃ、あと20万は多く貯められる計算だが、それでは人生がつまらん」

独身は意外と貯金しないという意見もありました。いわゆる独身貴族(死語)ってヤツですか。家族がいないと全部を自分のために使えますからね……。

「スロットの副業のおかげで、給料は半分も手をつけないで貯金してます。社会人5年目でもうすぐ1,000万。さて、結婚相談所で散財するか」

「たった一度の人生を仕事に費やしたくないと思い、若い頃に無理して貯金して、30代で株に回しました。しかも、危ないと言われ続けている中国株。ようやく40代で早期リタイヤへの足音が聞こえてきたという感じです」

何気にめちゃくちゃ貯め込んでる人もいました! どんな仕事をされているのでしょうか。

そして、たかみなが選んだベストアンサーはこちら!

「月にだいたい10万円くらいは貯まってます。徹底した固定費削減と、お金を使わない習慣化で実現できてます。まわりの結婚している人たちは、教育費や家のローンで四苦八苦しているけど、自分は独身ゆえに、一生困らないだけのお金を貯めて早期退職し、土いじりなどしてのんびり余生をすごしたいです。(アリとキリギリスのアリのような生き方をしたいです)」

この回答に、たかみなは、「なるほど! 将来を見据えてということですね。リスナーのみなさんの意見から、たくさん貯金されているということを知りました。一気にというよりは、コツコツ貯めていくことが大事なのかなと思いました」とコメント。

そうなんですよ。一気にお金は貯まらない! 地道な節約と貯蓄が数年後には大きな結果になるんですよ! とはいえ、100円玉貯金とかじゃダメですけどね。

文/ガンガーラ田津美

(TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」放送より)

最終更新:11/14(木) 19:35
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事