ここから本文です

グレタさん、ヨットで米国出発 COP25出席のためスペインへ 出発時の映像

11/14(木) 11:02配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【11月14日 AFP】スウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリ(Greta Thunberg)さん(16)は13日、スペインの首都マドリードで12月2日に開幕する国連(UN)気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に出席するために、滞在していた米国からヨットで出発した。

「気候のための学校ストライキ」によって有名になったトゥンベリさんは、防寒用の厚手のニット帽をかぶり、大きなバックパックを背負って、父親のスバンテ(Svante Thunberg)さんと共に全長14メートルのカタマラン(双胴船)、「ラ・バガボンド(La Vagabonde)」号に乗り込んだ。このヨットは、環境に負担をかけない手段で欧州に戻るためにトゥンベリさんが支援を募ったところ、若いオーストラリア人のカップルが提供を申し出た。

 約3か月にわたって滞在した米国とカナダでは行く先々でメディアの注目を集め、トゥンベリさんは目まぐるしい時間を過ごした。

 出港すると、トゥンベリさんはヨットと海の写真と共に「私たちは帰途に就きました!」「北米で会ったすべての人たちの素晴らしいおもてなし、皆さん全員の素晴らしい支援に感謝します」とツイッター(Twitter)に投稿した。

 米バージニア州ハンプトン(Hampton)を出航したヨットは、5500キロ以上離れたポルトガルを目指す。その後、トゥンベリさんはスウェーデンへの帰国前にマドリードへ向かう。

 映像はハンプトンを出発するトゥンベリさん、13日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:11/15(金) 16:35
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事