ここから本文です

2019年もスタートのクリスマスマーケット!博多会場へ行ってきた

11/14(木) 16:50配信

ファンファン福岡

 毎年、福岡市でこの時期のお楽しみといえば、博多と天神で開かれる「福岡クリスマスマーケット2019」! 天神会場に先駆けて11月12日にスタートしたJR博多駅前広場の「CHIRISTMAS MARKET in 光の街・博多」へ行ってきました!

 白や青を基調としたきらびやかなイルミネーションが輝く広場へ足を運ぶと、ふんわりと鼻をくすぐるホットワイン(グリューワイン)の香り。この香りをかぐと「今年もクリスマスがやって来たな~」とワクワクします。
 福岡クリスマスマーケットの定番スタイルは、やっぱり数量限定のオリジナルマグカップで楽しむホットワイン(マグカップ付き、税込み1,000円)ですよね。マグカップのデザインが毎年変わるので、コンプリートしたくて「絶対に1杯は飲むぞ」と決めているのですが、今年のデザインも必見です。

 博多会場限定のマグカップは、黄緑色をベースに今年のクリスマスマーケットのテーマ「いつまでもこの街とともに」の花言葉を持つ「アングレカム」の白い花が散りばめられたデザインです。
 ちなみに天神会場やエルガーラ・パサージュ広場会場(福岡・天神)は違うデザインなのでこちらも要チェックですよ。
 無事にホットワインを手に入れて、ほっこりと温まっていると、ステージイベントが始まりました!

 歌手のfumika(ふみか)さんや、オペラ歌手とボーカリストのユニットLACK(ラック)、ソウルミュージックやR&Bを歌うユニットDee&Christina(ディーアンドクリスティーナ)らが冬にぴったりの歌を聞かせてくれます。

 歌声に酔いしれているとちょっぴりワインにも酔ってきたので、フードを調達しにステージの周りを取り囲んだヒュッテ(小屋)をのぞいてみます。
 フードのヒュッテが15店舗、クリスマスの雑貨やアクセサリーを扱うヒュッテが15店舗とつい目移りしてしまうラインアップです。期間限定や日替わりのブースなどもあるそうですよ。

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 16:50
ファンファン福岡

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事