ここから本文です

張本智和、伊藤美誠 東京五輪代表レースを抜け出すか!?【卓球 オーストリアOP・見どころ】

11/14(木) 16:40配信

テレビ東京スポーツ

 今シーズン最後のプラチナ大会となるITTFワールドツアー「オーストリアオープン」<11月12~17日/リンツ>が14日から本戦に入る。獲得ポイントの高いプラチナ大会(優勝:2250ポイント、準優勝:1800ポイント)とあって、ここでの成績は大詰めを迎えた東京2020五輪の日本代表争いを大きく左右する。

【動画】可愛すぎる 女子日本代表ユニフォーム撮影「かすみみまみう」

中でも日本人首位に立つ張本智和(木下グループ/世界ランク5位)と伊藤美誠(スターツ/同7位)は結果次第で代表選考レースから実質上、抜け出す可能性もある。また、日本人2番手争いを繰り広げる丹羽孝希(スヴェンソン/同11位)と水谷隼(木下グループ/同13位)、石川佳純(全農/同8位)と平野美宇(日本生命/同10位)からも目が離せない一戦だ。

 男子シングルス第3シードの張本は強豪ドイツのひしめくブロックに入った。1回戦のフィルス戦に勝つと2回戦以降にオフチャロフやボルが待つ。オフチャロフからは前週「JA全農卓球ワールドカップ団体戦2019TOKYO」で初白星を奪っているため、もし対戦するとなれば自信を持って臨めるだろう。一方、張本にとって鬼門のピッチフォード(イングランド)も同じブロックにいるのが気になるところだが、ピッチフォードも1回戦で水谷、2回戦でボルとあたる可能性が高く楽ではない。丹羽も初戦はドイツのドゥダが相手。

 女子シングルスは伊藤が有利なドローを引き当てたと言えそうだ。1回戦のヤン・シャオシン(モナコ)に勝つと、2回戦では佐藤瞳(ミキハウス)と張瑞(中国)の勝った方と対戦する。伊藤と張瑞の対戦成績は伊藤の1勝0敗だが張瑞は侮れない相手だ。

石川は中国人選手のひしめくブロックに入った。1回戦の陳思羽(チャイニーズタイペイ)に勝つと、2回戦は陳幸同と王芸迪(ともに中国)の勝った方と対戦。これに勝つと準々決勝では何卓佳(中国)と対戦する可能性がある。石川と何の対戦成績は3勝4敗で何が勝ち越しているが、ほぼ五分と言えるだろう。

 平野は早田ひな(日本生命)と初戦でぶつかる。東京2020五輪の個人戦2枠を争う平野はこのオーストリアオープンで結果を残したいところ。先月のスウェーデンオープン1回戦でも当たり、4-3で勝利した平野だがだが早田も格下のチャレンジシリーズで優勝するなど地道に結果を積み上げており意地を見せたいだろう。このタイミングでの同級生対決は火花散ること必至だ。

 女子ダブルスはワールドカップ団体戦でもコンビネーションが向上した平野/石川ペアに注目。第1シードの木原美悠(JOCエリートアカデミー)/長崎美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)の若手ペアにも期待が膨らむ。またミックスダブルスの「じゅんみま」こと水谷/伊藤ペアと張本/早田ペアがそれぞれ1回戦を勝つと準々決勝で対戦するドローに。気になる水谷の腰痛だが、オーストリア現地では練習量を抑えながらコンディションを整えている。

 日本人選手の上位進出の鍵となる中国人選手のエントリー状況だが、ワールドカップ団体戦代表メンバーのうち男子は樊振東、林高遠、梁靖崑が出場し、許キンと馬龍は回避。女子で出場しているのは劉詩ブンのみで陳夢、孫穎莎、王曼イク、丁寧が回避。世界ランク4位でメンバー外だった朱雨玲は出場している。プラチナ大会にしては中国のトップ選手が少なく、日本人選手にとってはチャンスだ。

(文=高樹ミナ)

テレビ東京卓球NEWS

最終更新:11/14(木) 16:44
テレビ東京スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事