ここから本文です

メルセデス・ベンツ AMG CLA/CLAシューティングブレークが登場

11/14(木) 15:27配信

MOTA

最高出力421PS! AMGらしい走りを追求

メルセデス・ベンツは、「AMG CLA 45 S 4MATIC+」と「AMG CLA 45 S 4MATIC+ シューティングブレーク」の受注を2019年11月12日より開始した。価格は856万円~866万円(消費税込み)。なお、納車は同年12月以降を予定している。

■421馬力! 最強エンジンの「AMG CLA 45 S 4MATIC+」を画像で見る

本モデルは世界最強2リッター4気筒ターボエンジン搭載で最高出力421PSを誇り、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現している。

モータースポーツ由来の力強いデザイン

■ワイドでダイナミックな印象に
フロントには、下側の幅が広く、縦にルーバーが入ったAMG専用ラジエターグリルを採用。このグリルはモータースポーツに由来し、クロームメッキを施した垂直フィンの基本デザインは1952年メキシコで開催された伝説の公道レース、カレラ・パナメリカーナ・メヒコで優勝したレーシングカー「メルセデス・ベンツ 300 SL」で初めて採用されたもの。
また左右の外側エアインテークを横方向に走るフィンと幅を広げた中央下側のエアインテークによりワイドな印象を強調している。フロントスプリッターは前輪の前方でサイドエアカーテンに滑らかに移行し、これにより空気の流れを最適化することでエアロダイナミクス性能を改善している。
さらに、ワイドなフロントフェンダーを採用している通常のCLAよりもさらに12mm拡大したフェンダーは、アスレチックな外観を強調している。
リアには、専用デザインの大型リアディフューザーとクローム仕上げで円形のデュアルエグゾーストエンドにより、スポーティでハイパフォーマンスを体現するダイナミックなデザインが採用されている。

スポーティさが際立つインテリア

■AMGパフォーマンスステアリングを採用
フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」は、グリップ部にDINAMICAを採用し、レッドコントラストステッチとブラックのステアリングマークが施されたスポーティなデザインとなっている。このステアリングホイールには、手を離さずに走行モードを変更することができる「AMGドライブコントロールスイッチ」が装備される。
また右側のスポークの根元に位置するボタンは「AMGダイナミックセレクト」の走行モードなどを選択することができ、例えばサスペンション、ESPなどの設定を行うことができる。
標準のフロントシートは、ヘッドレストとバックレストが一体化したセミバケットタイプのスポーティなデザインとなっており、さらに「AMGパフォーマンスシート」が装備されるAMGパフォーマンスパッケージを選択することもできる。

1/2ページ

最終更新:11/14(木) 15:27
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事