ここから本文です

「大嘗祭」に合わせて静岡市でも神事 季節はずれの桜も祝福

11/14(木) 17:35配信

静岡朝日テレビ

きょうとあす予定されている、天皇陛下即位に伴う皇室行事「大嘗祭」を前に、静岡市でも神事が行われました。

大嘗祭は、新しく即位した天皇が一代に一度だけ行う重要な祭祀です。大嘗祭の中心儀式・大嘗宮の儀では、天皇陛下が五穀豊穣を祈願されることから、静岡浅間神社の大嘗祭当日祭でも、新米やイチゴなど県の名産品18品を供えました。その後、巫女による舞も披露されました。境内ではこの日を祝福するように季節外れの桜の花が。例年3月下旬ごろに開花するため秋に咲くことはほとんどないといいます。

●静岡市民の女性
「桜が咲いて、大嘗祭で、一緒にいられるのがすごい幸せな気持ちになりました」

●静岡市民の男性
「大嘗祭の日なので縁起が いいですね」「全然知らずに来たが見られてよかった」

最終更新:11/14(木) 19:08
静岡朝日テレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事