ここから本文です

「大嘗祭」と憲法の関係は? 秋篠宮さまの問題提起をふりかえる

11/14(木) 19:05配信

BuzzFeed Japan

天皇陛下の即位に伴う宮中祭祀「大嘗祭」が11月14日夜から15日早朝にかけて、皇居内に設営された大嘗宮で執り行われる。大嘗祭は即位に伴う儀式ではあるが、宗教的要素があり、「国事行為」とされていない。しかし、皇室の公的活動とされ、費用は公費である「宮廷費」から支出される。大嘗祭をめぐっては、2018年に秋篠宮さまが「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と疑念を呈されたことが話題になった。「奉祝」ムードの中ではあるが、大嘗祭と政教分離、公費の支出をめぐる議論を、いま一度振り返っておきたい。【BuzzFeed Japan/吉川 慧】

そもそも大嘗祭とは?

宮中では毎年11月に「新嘗祭(にいなめさい)」という儀式がある。

その年に収穫された米などを、天皇が皇室の祖先とされる天照大神など神々に供え、自身もこれらを食し、五穀豊穣や国家安寧を祈る儀式だ。

「古事記」や「日本書紀」にも記述があることから、その起源は奈良時代以前にまでさかのぼる。

7世紀後半の天武天皇(位673~686年)、持統天皇(位690~697年)の頃から、新天皇の即位後初めての「新嘗祭」は「大嘗祭」として区別され、天皇一代につき一度のみ実施される皇位継承の儀式となったという。

また、戦乱が相次いだことから、室町後期~江戸時代にかけて大嘗祭がなかった時期が200年ほどあった。

明治に入って制定された旧皇室典範11条では「即位ノ礼及大嘗祭ハ京都ニ於テ之ヲ行フ」と定められた。天皇の践祚、即位などに関する規定「登極令」にもその細目が記され、皇位継承の儀式の一つとして明記された。

戦後、皇室典範から消えた「大嘗祭」

戦後、天皇の地位と皇室典範は大きく変わった。

明治憲法下で「神聖ニシテ侵スヘカラス」「国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬」する存在だった天皇は、現在の日本国憲法に規定される国民主権のもとでの「日本国の象徴」「日本国民統合の象徴」となった。

新たな皇室典範では「皇位の継承があつたときは、即位の礼を行う」(24条)とのみ記され、大嘗祭に関する記述は削除された。登極令も廃止された。

なぜ、戦後の皇室典範で大嘗祭に関する記述がなくなったのか。

終戦間もない1946年12月、憲法問題を担当した金森徳次郎国務大臣は、国会でこう述べている。

《大嘗祭等のことを細かに書くことが一面の理がないわけではありませんが、これはやはり信仰に関する点を多分に含んでおりまするが故に、皇室典範の中に姿を現わすことは、或は不適当であろうと考えておるのであります。


(金森徳次郎国務大臣―1946年12月5日、衆議院本会議皇室典範案第一読会)》

ポイントとなるのは「信仰に関する点を多分に含んでおります」という言葉だ。

天皇を神格化した戦前の反省から、憲法20条では政教分離が定められた。また、憲法89条では宗教団体への公金支出も禁じられている。

神道の形式で、宗教的な性格を持つ大嘗祭は、これら新憲法の原則に反するものと考えられたからだ。

1/3ページ

最終更新:11/14(木) 21:15
BuzzFeed Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事