ここから本文です

上京から4年…ヒゲダン紅白出場の夢かなった 斬新なバンド名に込められた思いとは

11/14(木) 21:17配信

中日スポーツ

◇「第70回NHK紅白歌合戦」(12月31日)出場者発表
 白組初出場の「Official髭男dism」は「ヒゲダン」の愛称で親しまれる4人組バンド。その斬新なバンド名には「ひげの似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をずっと続けていきたい」という思いが込められている。

 昨年1月にメジャーデビュー。2枚目シングル「Pretender」は、長澤まさみ主演の映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌に起用され、史上最速でストリーミング再生が1億回を突破。7月には初の単独日本武道館公演を成功させたほか、テレビ朝日系「熱闘甲子園」のテーマソングとして書き下ろした楽曲「宿命」も話題を呼び、今年一番ブレークしたバンドとして注目されている。

 ボーカル&ピアノの藤原聡(28)は「バンドとして(鳥取・広島から)東京に出てきて4年。上京したときに『紅白に出られたらいいよね』と。4人の大きな目標だったので、うれしい気持ちでいっぱいです。今まで応援して下さった皆さんにいい音楽を届けられれば」と語った。

最終更新:11/14(木) 21:17
中日スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事