ここから本文です

結婚1年目のスピード離婚によくある原因

11/14(木) 20:45配信

All About

◆結婚1年目の離婚率が高い原因とは

スピード離婚の原因は、さまざまありますが、相手のことをよく見ていない、お互いのことがよくわからないうちに結婚してしまい、いざ結婚してから、「こんなはずじゃなかった」というパターンが多いようです。

では実際スピード離婚をする人の原因をみてみましょう。

◆1:10代や20歳前後の若い年齢に結婚をしてしまった場合

10代や20歳前後の若い年齢に結婚をしてしまったカップルの離婚率は多いです。夢と現実とのギャップがまだわからないうちに、まるで物語のように結婚してしまう場合です。物語では、お姫様は王子様と結婚したら、「めでたしめでたし」で終わりますが、現実はそういうわけにはいきません。

世間の厳しさや生活をしていく大変さを知らないために、好きだと思った恋人と、仕事、お金、子供、将来、については全く考えずに結婚をしてしまい、果てには生活が難しくなったり、生活で行き違いが起きてしまい離婚になるというカップルも多いのです。

「愛があれば何とかなるさ」と結婚してしまったものの、子供ができると、学校などを辞めなければならず、学歴がネックになり、思い描いていた就職もできないこともあります。親の援助などがなければ、お金が足りなくなって、結婚生活が続けられなくなることも。

そうなると、お互いだけでなく、子供にも悲しい思いをさせることになりますので、周りにいる大人たちも生活ができるかどうか、将来のことなど、真剣にアドバイスしてあげましょう。乗り越えて、幸せになっている夫婦もいらっしゃいます。

◆2:将来のビジョンを共有していない

結婚前にデートをしてたくさん会っていても、肝心な自分のビジョンを話していないことが多いようです。結婚した後の青写真のようなものですね。

将来独立をしたい!こういう夢を持っている!実家に戻りたい!などという将来のビジョンをきちんと話しあい共有していないために、いざ結婚してみると、「こんなはずじゃなかった」ということが起きてきます。

それを防ぐために、一緒にビジョンのわかるものを作ってはどうでしょうか? ボードなどに、自分の夢やこういうことをしたいなどをイメージする写真や雑誌の切り抜きを貼ってみたりすると、知らなかった意外な一面が見えてくることでしょう。

最初から方向性がバッチリあっているというカップルはいないでしょうから、合っているところから少しずつ、お互いを認め合っていけばいいのです。それをする時のポイントは、「相手の夢ややりたいこと」を馬鹿にしたり、「できるわけがない」と決めつけないことです。一緒に夢を叶えていこうという姿勢が大事ですね。

1/2ページ

最終更新:11/14(木) 20:45
All About

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事