ここから本文です

怒れる少年、車を宙に浮かせ…頭から地上へ突き落す『ブライトバーン』恐怖の本編解禁

11/14(木) 17:00配信

クランクイン!

 女優エリザベス・バンクスが主演を務めるホラー映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』より、本編映像が解禁。超人的な力を持つ少年が怒りのままに力を使う恐怖の映像を収めている。

【写真】この少年、普通じゃない…『ブライトバーン/恐怖の拡散者』フォトギャラリー


 本作は、マーベル・スタジオのヒット作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督ジェームズ・ガンがプロデュースを務める、ホラー、SF、サスペンス、ドラマなどのジャンルを超えたジャンルミックスの新感覚ホラー。

 ずっと母になる日を夢見て苦しんできたトーリ(エリザベス)に、ある日、謎めいた男の赤ちゃんが到来し、突然その夢が実現する。才能にあふれ、好奇心旺盛な子供ブランドン(ジャクソン・A・ダン)は、トーリと夫のカイル(デヴィッド・デンマン)にとってかけがえのない存在となる。

 しかし、12歳になったブランドンの中に強烈な闇が現れ、トーリも息子に恐ろしい疑いを抱きはじめる。やがてブランドンは、普通の人が持つことのない異常な力を発揮しはじめ、カンザス州ブライトバーンをとてつもない恐怖に陥れていく。

 今回解禁された本編映像は、ブランドンの親戚マット・ジョーンズ(ノア・マクニコル)が、ブランドンを車に乗せようとするシーンからスタート。夜遅く、マットの家に勝手に押し入ったブランドンに怒り、「乗るんだ」と家に返そうとするマットに対し、ブランドンは「言わない方がいい」と忠告。しかし、その言葉を聞かず「ブランドン、乗れ!」と言うマットに怒ったブランドンは、目から熱を持った赤いレーザーアイを発し、マットをガレージに叩きつける。

 想像もしなかった事態に恐怖を覚えたマットは、急いで車に飛び乗り逃げるものの、窓を突き破り攻撃をしてくるブランドンに耐えられず、真っ暗な夜道で停止。どこから襲って来るか分からない恐怖のなか正面を見ると、そこにはヘッドライトの光に映し出され、宙に浮いたブランドンの姿が。思わず「ウソだ、あるわけない」と言うマットを尻目に、目の前から消えるブランドン。次の瞬間車は宙に浮き始め、頭から地上に一気に落とされる。

 スーパーパワーを持った少年が巻き起こす恐怖を描く本作。今回脚本を担当した、ガン監督の弟でもあるブライアン・ガンとそのいとこのマーク・ガンは、能力を自分の欲望のままに使うブランドンについて「スーパーヒーローがもつ能力の多くは脅威にもなり得ることに気づいた。飛べる力は霊的な感じがするし、レーザーアイは悪魔的です。そして超人的な力は恐ろしい。多くの超人的な能力は、ホラーのネタになり得るのです」と語っている。

 映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は11月15日より全国公開。

最終更新:11/14(木) 17:00
クランクイン!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事