ここから本文です

古田知事「観光ビッグイヤー」新政策に意欲

11/14(木) 8:57配信

岐阜新聞Web

 古田肇岐阜県知事は13日、定例記者会見で、2020年度県予算の編成方針に触れ、「あまたある課題に対応し、観光ビッグイヤーとして、県の発展の道筋に沿った新政策と予算を組み立てたい」と述べた。

 また、任期満了に伴い、21年明けにある知事選への出馬の意向を問われたが、「足元から一つ一つ着実に(課題に)対応したい。来年のことを言えば鬼が笑うというが、再来年のことは思いもよらない」と述べるにとどめ、出馬の有無には言及しなかった。

 予算編成について、古田知事は「来年度は東京五輪やねんりんピック、岐阜関ケ原古戦場記念館の立ち上げがある。豚(とん)コレラ(CSF)問題も収束したとはいえず、やるべきことは多い」とした上で、「予算額は少しずつだが右肩上がりで、積極的予算を組めればいいが、見極める必要がある」と述べ、財政負担を考慮して慎重に編成する考えを示した。

岐阜新聞社

最終更新:11/14(木) 8:57
岐阜新聞Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事