ここから本文です

ホンダ新型「CR-V ハイブリッド」登場! デザイン刷新&米国ホンダ初の電動SUVを設定へ

11/14(木) 14:55配信

くるまのニュース

2020年春に発売される「CR-V ハイブリッド」とは

 ホンダは、新型「CR-Vハイブリッド(2020年モデル)」を米国ホンダ初の電動SUVとして2020年春に発売するとアナウンスしました。

どっちが好み? 新旧「CR-V」を画像で比べてみる!(19枚)

 新型CR-Vハイブリッドは、ホンダのインディアナ州グリーンズバーグ工場で製造され、アメリカ市場では「アコードハイブリッド」と「インサイト」に続く3番目の電動化モデルとして加わりました。

 ホンダの革新的な2モーターハイブリッド電気パワートレインテクノロジーを使用して、大幅な改良を加えたことで、都市部においてはガソリン仕様のCR-Vよりも50%向上した燃費を達成することが期待されています。

 今回の2020年モデルでは、従来から設定されているガソリン車も含めて、外観デザインにも手を加えられています。2019年モデルは、日本仕様のCR-Vと同様にグリルに水平なメッキ調の加飾が施され、フロント下部はブラックアウトする、デザインでした。

 新しい外観デザインでは、メッキ調の水平グリルの代わりにブラックアウトを施したほか、フロント下部には外形から中央にかけてメッキ調のラインが強調されたデザインとなり、引き締まったフロントフェイスに変わっています。

 また、ガソリン車とハイブリッド車の外観上の違いでは、フォグライトが丸型なのがガソリン車、水平型がハイブリッドとなり、さらにハイブリッドロゴも付いています。

 そのほかにも、さまざまな改良が施されますが、CR-Vハイブリッドの正式なお披露目は米国で開催される「ロサンゼルスオートショー2019」でおこなわれるといいます。

 日本仕様のCR-Vに、新しいデザインが採用されるかは未定ですが、2019年10月にマイナーチェンジした「フリード」や東京モーターショー2019で世界初公開された「フィット」などに通じる凛としたデザインにホンダはシフトしているのかもしれません。

くるまのニュース編集部

最終更新:11/14(木) 17:32
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事