ここから本文です

マツダ「ロードスター」新色追加で内外装の上質感アップ! シルバーの幌を備えた特別仕様車も設定

11/14(木) 17:10配信

くるまのニュース

マツダ3にも採用のボディカラー「ポリメタルグレーメタリック」を新設定

 マツダ「ロードスター」「ロードスターRF」が一部改良を受け、2019年12月5日より発売されます。なお、予約受付は2019年11月14日より開始されました。

「ROADSTER」ロゴも変更!? 新しくなったマツダ「ロードスター」を画像でチェック

 今回の改良では、ロードスター(ソフトトップ)とロードスターRF(ハードトップ)ともに、ボディカラーに「マツダ3」から採用されている「ポリメタルグレーメタリック」が追加されました。

 金属の硬質感と樹脂特有の滑らかな艶感を融合させ、ボディを流れる光の移ろいで刻々と変わる陰影の表情が、これまでの外板色とは異なる個性を創り出します。

 内装では、ステッチカラーを従来の赤から明るいグレーに変更されました。シートのブラック部とグレーのステッチのコントラストで、上質感を演出。さらに、ステンレスのスカッフプレートが採用されました。

 さらに安全面では、アドバンスト・スマートシティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)が夜間歩行者検知機能に対応するなど、先進安全性能も拡充。快適性/利便性の向上として、マツダコネクトがApple CarPlay、Android Autoに対応しすようになります。
 
 ロードスターでは、RAYS社と共同開発した鍛造16インチアルミホイールが設定され、約3kgの軽量化により、走りの楽しさを高めます。さらに、RAYS社製ホイール装着車にはブレンボ社製フロントブレーキをオプション設定し、優れたコントロール性とともに、スポーティで上質な質感を実現しました。

 加えて、特別仕様車「シルバートップ」を設定。ソフトトップにグレーの幌を採用することで、これまでとは違うモダンで落ち着いた雰囲気としています。また、高輝度塗装の16インチアルミホイールが設定され、特別感を演出しました。

 なお、シルバートップは台数限定ではなく、2020年3月31日までの期間限定で注文が受け付けられます。

 ロードスターRFは、鮮やかさと深みを両立したバーガンディ・レッドのナッパレザーインテリアを採用した新機種「VS バーガンディセレクション」を追加しました。

 さらに、これまでAT車のみだった、ブレンボ社製フロントブレーキとBBS社製17インチ鍛造アルミホイールを、VSのMT車に設定しています。

 価格(消費税込)は、ロードスターが260万1500円から333万4100円、ロードスター特別仕様車が316万9100円から328万4600円、ロードスターRFが343万9700円から390万600円です。

くるまのニュース編集部

最終更新:11/14(木) 17:10
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事