ここから本文です

ウィリアンが語るアイドル…「C・ロナウドやメッシよりも最高だった」

11/14(木) 14:55配信

超WORLDサッカー!

チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(31)が、同胞のロナウジーニョ氏がこれまで見てきた選手の中で史上最高であったと主張した。スペイン『マルカ』が伝えている。

ロナウジーニョ氏は1998年にグレミオでプロデビューを果たした。その後、パリ・サンジェルマン(PSG)、バルセロナ、ミラン、フラメンゴなどでプレーし、現役最後のクラブとなったフルネンセを退団して約2年間の無所属期間を過ごした後の2018年1月に現役を退いた。

キャリア全盛期を過ごしたバルセロナでは、常人離れしたテクニックや溢れ出るアイデアを武器に、2度のリーガエスパニョーラ、1度のチャンピオンズリーグ制覇に貢献。2005年にはバロンドールも受賞した。2005年11月にサンチャゴ・ベルナベウで行われたクラシコで、宿敵から2ゴールを奪い、レアル・マドリーのファン・サポーターから拍手が送られたのは今でも語り草だ。

そんな同選手をウィリアンは自身のアイドルだと語る。その凄さはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだとも。

「ロナウジーニョは最高だったよ」

「クリスティアーノ(・ロナウド)や(リオネル・)メッシよりもだよ。彼らは多くのゴールを決めたけど、ロニー(ロナウジーニョ)がやっていたことは凄かったんだ」

「彼はゴールも決めるし、ピッチ上を驚かせることができる。いちファンとして、彼はあまりにも辞めるのが早かったと思う」

「彼はフットボールで僕の最大のアイドルさ」

超WORLDサッカー!

最終更新:11/14(木) 14:55
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事