ここから本文です

フェルスタッペン「若手による世代交代で“退屈な”ハミルトンの時代を終わらせる」

11/14(木) 7:20配信

オートスポーツweb

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1の若手世代が間もなくルイス・ハミルトンに取って代わり、ハミルトンによる“退屈な”F1支配を終わらせることを期待している。

2019年のランキング3位を目指すマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 フェルスタッペンは、自身とフェラーリのシャルル・ルクレールがモータースポーツの最高峰であるF1において、若手世代を牽引していると考えている。

 またフェルスタッペンは、F1におけるチームの序列が変わることで、メルセデスの覇権を崩すことになるとも主張している。

「これからの若手が台頭して世代交代を起こすことができれば、F1にとって良いことだと思う」とフェルスタッペンは、新たな個人スポンサーの『CarNext.com』のイベントで語った。

「ルイスが勝つのを見続けるのは少し飽きてきたね。だから僕たちはそれを変えなければならない。彼は年齢を重ねていくので、どこかの時点でストップするはずだ」

「それに正直にいうと、(彼の成功は)チームのおかげでもある。ルイスだけの力ではないよ」

「メルセデスが圧倒的に強いマシンを作り続ければ、当然彼は勝つだろう。だから僕たちはチームとして、彼らに勝てるようにならなければいけない」

「僕たちは正しい道を進んでいると思う。メルセデスとホンダのエンジンパワーを比べてみると、今ではかなりメルセデスに近くなっている。だから来年はすごく有望だよ」

 フェルスタッペンとハミルトンはいつもコース上でバトルをしている訳ではないが、最近のふたりは第18戦メキシコGPで接触している。レース後にハミルトンは、フェルスタッペンとホイール・トゥ・ホイールの戦いをする時は、彼の強引な行動を考慮して他のドライバーの時よりもスペースを空けるようにしている、とほのめかしている。

 フェルスタッペンはそうしたコメントを“失礼”だと評したが、ふたりはすぐにわだかまりを解消し、オースティンでは率直な会話を楽しんでいた。

「僕たちはグリッドで話をした。僕はもちろんルイスを尊敬している。でも僕たちは激しいレーサーで、時にはタフになることもある。でも僕たちは話をしたし、何も問題はないよ」

 一方で芳しくなかったのは、フェルスタッペンがレース後に発したフェラーリについてのあからさまな発言の影響だ。フェルスタッペンは公にフェラーリが違反をしていたと批判したが、フェラーリのマッティア・ビノット代表は即座に否定している。

 そのときの発言を振り返ったフェルスタッペンは、「あれはとてもデリケートな問題だった。だからもうそのことについては触れないよ」と語っている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:11/14(木) 7:20
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事