ここから本文です

【MLB】韓国人左腕・柳賢振はCY賞2位 LAファン納得いかず「彼が勝つべきだった」

11/14(木) 13:22配信

Full-Count

柳賢振は最優秀防御率のタイトルも…デグロムが2年連続でサイ・ヤング賞に

 MLBのサイ・ヤング賞が13日(日本時間14日)に発表され、ナ・リーグはメッツのジェイコブ・デグロム投手が受賞。ドジャースの韓国人左腕・柳賢振投手は2位に終わった。アジア出身者初の快挙を逃し、ファンからは不満の声があがっている。

【写真】ドジャースの柳賢振が「美人妻」とのオフショットを公開! 「NYで素晴らしい休日」

 柳賢振は今季29先発で182回2/3を投げ、14勝5敗、防御率2.32、163奪三振の成績。アジア出身者初の最優秀防御率に輝いた。一方のデグロムは32先発で204回を投げ、11勝8敗、防御率2.43、255奪三振。最多奪三振のタイトルを獲得していた。しかし投票結果は、30票中29票の1位票を集めたデグロムが2年連続の受賞に。柳賢振は1位票を1票獲得したものの完敗で2位に終わり、アジア出身者初の快挙を逃した。

 ドジャースの公式ツイッターが「ヒョンジン・リュはサイ・ヤング賞投票で2位タイでフィニッシュ。素晴らしいシーズンを送ったヒョンジン、おめでとう!」と投稿すると、称賛の声のほかに、納得いかないファンのコメントも多く寄せられた。

「リュのことは気に入っているわ。(プレーを)見られることが素晴らしいの」

「これはただただ恥ずかしい」

「MLBは間違っている」

「間違いなく彼が受賞するはずだったのに」

「素晴らしいシーズンだったぞ、ヒョンジン!」

「彼が勝つべきだった」

「素晴らしい努力だ。彼と再契約することを願っているよ」

「エース」

「リュが獲るべきだったと思うよ!! しかしなんであれ、おめでとう」

「罰当たりだな」

 今オフにFAとなった柳賢振は、来季どこのチームでプレーするか注目を集めている。なお、ア・リーグはアストロズのジャスティン・バーランダー投手が同僚コールとの接戦を制して8年ぶり2度目の栄誉に輝いた。

Full-Count編集部

最終更新:11/14(木) 13:27
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ