ここから本文です

CY賞バーランダーは「上等なワインのよう」 36歳の圧巻投球動画をMLBが公開

11/14(木) 22:45配信

Full-Count

96マイル(約154キロ)の直球と78マイル(約126キロ)のカーブで打者を翻弄

 MLBのサイ・ヤング賞が13日(日本時間14日)に発表され、ア・リーグはアストロズのジャスティン・バーランダー投手が受賞した。MLB公式ツイッターは「ジャスティン・バーランダーは、上等なワインのように年を重ねていく」と讃え、36歳のベテラン右腕の“快投動画”を公開した。

【動画】直球とカーブの緩急で打者を翻弄! スライダー、チェンジアップも自在に操る36歳の圧巻の投球映像

 36歳のバーランダーは、今季34先発でア・リーグ最多の223回を投げ、21勝6敗で最多勝。防御率2.58、300奪三振をマーク。最優秀防御率と最多奪三振の2冠だった同僚ゲリット・コール投手との接戦を制して、8年ぶり2度目の栄誉に輝いた。

 MLB公式ツイッターが公開した投球動画は圧巻の一言。96マイル(約154キロ)の直球と78マイル(約126キロ)のカーブの緩急に加え、スライダー、チェンジアップをゾーンいっぱいに投げ込み、打者を翻弄している。しかし、コメント欄にはアストロズを批判するファンのコメントの嵐。アストロズはサイン盗みを行っていたとして騒動となっている。

「イカサマだ」

「正直言って、もし仮に彼がズルしていたとしても、彼の制球力は驚異的だ」

「もし相手チームが、球種がわかっていればねぇ…」

「彼はデトロイト時代の方が良かった」

「もし相手打者が球種をわかっていたら、彼はどれだけうまく対応できるかな?」

「ちょっと待った、僕としてはゲリット・コールがアストロズの最高の投手だと思っていたかも? 申し訳ない」

 投手として最高の栄誉を手にしたバーランダーだが、チームのスキャンダルの渦中での受賞となってしまった。だが、21勝に300奪三振と、まだまだ衰えを知らない右腕は来季、どのような投球を見せてくれるか楽しみだ。

Full-Count編集部

最終更新:11/14(木) 22:45
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事