ここから本文です

バルセロナ安部裕葵、親善試合でトップ初出場!…75分に途中出場で攻撃アピール

11/14(木) 7:01配信

SOCCER KING

 バルセロナは13日、親善試合でカルタヘナ(3部)と対戦した。バルセロナBに所属するFW安部裕葵がベンチ入りし、後半にトップデビューを飾った。クラブ公式サイトが伝えた。

 バルセロナは、代表ウィークのため、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンら主力11人が不在。ポルトガル代表DFネルソン・セメドやスペイン代表DFジョルディ・アルバらも負傷でメンバー外となった。

 先発メンバーにはDFジェラール・ピケやFWウスマン・デンベレらが名を連ねて、安部はベンチスタートとなった。9月にスペイン南東部で発生した水害被害を支援するチャリティーマッチとして開催された試合は、スコアレスで折り返して、バルセロナが64分にFWカルラス・ペレスの得点で先制に成功した。

 バルセロナは75分に、得点したC・ペレスに代わって安部を投入。安部は親善試合ながらトップチームで初出場を果たした。公式サイトは「安部は右サイドからスタートするも、得意の左サイドからも攻撃に参加し、ドリブルで切り込むなど、積極的に動き、攻撃に加わった」と伝えている。

 その後、チームは87分にFWアレハンドロ・マルケスが追加点を挙げて2-0で勝利を収めた。

 安部は今年7月に鹿島アントラーズからバルセロナに移籍。今夏に日本で開催された『Rakuten Cup』ではトップチームに帯同していたが、負傷の影響で欠場していた。

SOCCER KING

最終更新:11/14(木) 7:01
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事