ここから本文です

棚田カード作成、来年度も継続へ 県中山間保全委

11/14(木) 9:17配信

愛媛新聞ONLINE

 中山間地域の活性化や農地・農業用施設の保全などを検討する県中山間ふるさと保全対策推進委員会が13日、愛媛県松山市内であった。棚田の魅力を紹介する「棚田カード」について、7月から配布している宇和島市の遊子水荷浦地区に続き、2020年度も別の棚田で作成することを決めた。

愛媛新聞社

最終更新:11/14(木) 9:17
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事