ここから本文です

東海の上場企業147社4~9月期 6割増収、5割が増益 工作機械・半導体関連厳しさ目立つ 通期 経常減益予想5割超

11/15(金) 6:05配信

中部経済新聞

 東海3県(愛知、岐阜、三重)に本社を置く上場企業(金融、新興市場を除く)の2019年4~9月期決算が14日、出そろった。比較可能な147社のうち、63%の93社が増収。経常増益(黒字化含む)は52%の76社だった。米中貿易摩擦の長期化などで工作機械、半導体関連での厳しさが目立った。通期では経常減益予想が5割を超える。(3面に一覧表)

最終更新:11/15(金) 6:05
中部経済新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事